作業部日誌V3

        

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

“別所の丸窓”の鉄コレのこと

まあ、いつかは出るのだろうという気がしてはいたが、つい先日ホントに出てしまった鉄コレの別所線丸窓
最近では鉄コレの箱買いをするのも躊躇うくらいにフトコロのアレな日々ではあるものの、昇圧前の別所線が青春の一頁だったと断言して憚らぬ身としては何とかピンポイントで手に入れたいものよと悶々としていたら、某方面からそれとはなしに助け舟が現れたおかげで、幸いにも無事1輛を確保できた。

cb_tetucolle5250_130504.jpg
で、動力を買い足し、車輪やら室内やらベンチレーターやらにチマチマと筆を差しつつ動力を組み込んで、足回りのバランスがアレなのはどうこう言ってもしゃなあいわなと思いつつもニンマリと眺めていた刹那、

うかい ‏@ke_ukai
鉄コレの上田丸窓電車、どうも実車の印象と違う気がするのだけど、台車がデカ過ぎるのではないだろうか?
2013年5月6日 - 1:34


などという疑問(釣り針)が垂れ下がってきたもので、まんまと釣られてみることにする。

足回りのバランスが云々というのは、そもそも“1/150の9mmゲージ”である以上、ただでさえ車巾の狭い上田5250はガニマタっぷりが悪目立ちして萎える、というハナシなのだが、よくよく調べてみたら鉄コレのそれは台車WBもボギーセンターも実車より長かったのだった。
まず、指定動力であるTM-19はホイールベース(WB)14mm/ボギー間60mm、150倍すると2,100mm/9,000mm。一方上田5250の実車はWBが1,981mm(6ft6in)/ボギー間8,839mm(29ft)で、1/150だと約13.2mm/約58.9mm。
re13-05-06_022.jpg
5250の台車は、日車D型といってもチョット小さいやつなのである。過去の製品(シバサキ→キングス、キッチン)が、WB12mm級のトミーのベルニナ用動力を指定していたのも一理ある。
鉄コレ動力にはあいにくWB13mm級のものが無い。WBが同じってことだけならモデモのギフの510があるが、あの動力を切り刻んでまで鉄コレ車体にハマるよう手間をかけるのもどうか、というのが正直なところ。

で、思い出したのが、むかしキッチンの車体キットに、一寸イジった鉄コレ動力を仕込んだ仕掛品のこと。
過去ネタの蒸し返しにはなるが、折角だからと此度の鉄コレと比べてみた。
仕掛品の方の動力は、鉄コレ用TM-02の床板を目分量で適当に切り詰めた代物で、ボギー間の寸法は実物通りなら-1mmだが、ガニマタ補正も兼ねて約3mm縮めてある。
cb_tetucole_5250_hikaku_P1080140.jpg

trim_re_a8_P1080154.jpg
台車枠も削って0.5mmくらい薄くした。といっても取付ボスを残しつつ軸受の出っ張りをニゲるための皿モミもしつつなので、案外面倒な作業ではあるのだが。

trim_re_a8_P1080151.jpg
かような悪アガキの結果、足回りのバランスは、模型として眺める機会の多い斜め上からの角度でもまあまあ許容範囲にはなるかしら、と満足したところで7年余り寝かせてるうちに鉄コレの方が出てしまったのだからセワもない。


ところで、5250にオマケで付いてるトラス棒だが、動力を組み込む場合、これを車体なり動力なりに直に接着してはいけない。まず、上・下回りの組み付けが困難になる。しかも運転の際に直線番長化(笑)する。
13-05-06_023.jpg
動力の台車枠を外した状態で上下を組み付けてから、上回りのスソを軽くこじりつつトラス棒の取付部を潜り込ませ、そのあと台車枠を嵌める。トラス棒は完全には固定されず、車体と動力の隙間にカタカタとアソビのある状態でブラ下がる形になる。
このアソビが運転時には功を奏し、カーブの通過時もトラス棒の端が台車枠に押し出されるので、騙し騙しながらもエンドレスを走らせることが可能になるというわけ。

13-05-06_019.jpg
ただ、急カーブでの運転は要注意。走行中に写真(R177通過時)のようにトラス棒の端が台車枠の内側に入り込んでしまうことがあるので、カーブの向きが一方向だけの単純なエンドレスなら何とかなるが、Sカーブがあるとそこで確実に脱線する。

サブロク以上の車輛では、かようにトラス棒のある車種は運転(台車の首振り)のことを考えると悩ましい。軽便の場合は、上辺の窄まったアーチバーを履いてるケースが多いからあまり困らずに済んでいるが(困るとすれば小坂の客車くらいか)、Nの炭鉱モノを熱心にやっていた時分、院制式崩れの中型客車も欲しいなあと案ずるも、トラス棒の処理をどうしたものかと引っかかって真剣に手を出さずじまいなのを思い出したことであった。


今回ちょっと魔がさして、試しにツイートの加筆流用でエントリを起こしてみた。
今後も気が向いたらやるかも知れない。気が向いたら、ね。

  
  1. 2013/05/07(火) 02:25:00|
  2. 散財(模型)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2012年のアリバイ報告

まだ松の内だから!ということで、先ずは新年のご挨拶を。
皆様今年も宜しくお願い致します。

でまあ、ブログの放置プレイぶりも我ながら益々強固に板についてきてしまったこの頃なのではあるが、せめてこれくらいはやっておかんと締まりもなかろうということで昨年丸々一年分のアリバイ報告など(日付のリンクは当日のtwilogへ)。

1月21日
熱塩温泉一泊旅行初日。
往路はわざわざ浅草-田島直通の東武6050快速に乗り通し、いにしえの汽車旅気分を満喫。下今市では車内に居ながら駅弁売りのジイサンから弁当を買ったりも。
それにつけても6050の椅子は固定クロスの王様だと思う。
120121_009.jpg
▲浅草に入線する7:10田島行
120121_027.jpg
▲6050の旅はいいものだねい。

1月22日
熱塩温泉2日目。
雪に埋まりそうになりながら旧駅を撮り、若松で馬刺を喰い、帰りはわざわざ磐西のキハ47で新潟経由で帰京。新幹線も偶然200系だった。
120122_022.jpg
▲旧熱塩駅。遠くに見える保存車はキ287とオハフ61 2752。

120122_117.jpg
▲若松から延々新潟までコイツに揺られた。津山で長時間停車の図。

1月28日
某社務所でただ模型走らせながら呑んだくれるだけの会に初参加。
trim120128_019.jpg

2月5日
西国分寺へよくわけのわからない夢の対決を見にいく。
120205_059.jpg

2月11日
KBMC接合会。シモデンを中心に。
120211_010.jpg

3月17日
黒石接合会。ようやく自前の機関車(#347)がデビュー。
120317_074.jpg

4月8日
嫁実家帰りに久しぶりに秩父鉄道に乗ったら青い101系に当たる。そのあと多摩地区で謎の会合。
120408_057.jpg
▲羽生 2012.4.8

●4月21日22日
まだ雪の残る猪苗代へ。モズールの整備に明け暮れる。
(↓ただし写真は夜の宴の図w)
120421_049.jpg

5月5日
恒例成田詣。井笠客車の進捗に目を見張る。
120505_039.jpg

6月16日
KBMC接合会。新規格“ケートラ”の検討など。
120616_078.jpg

6月17日
カルタゴで珊瑚本2の撮影立会。久々にシェフのダックスモジュールと再会。
120617_007.jpg

6月23日
ポンコツが引退。前週の接合会が実質最終運用となった。

7月1日
方南町にブツを預けたのちJNMAに飲み会だけ(w)参加

●7月7日8日
猪苗代へ。主眼は珊瑚本2のロケで2日間みっちりモジュール撮影。
120707_034.jpg

120708_009.jpg

●7月21日22日
和歌山へ遠征。
建前としては『たま駅長に会いに行く』ということだったのだが、結果的に汐見橋・高師浜・空港・多奈川・加太とドサ回って南海全線完乗を、そして御坊臨港再訪も果たす。
20120721_025.jpg
▲西天下茶屋 2012.7.21
20120722_079.jpg
▲伊太祁曽 2012.7.22
20120722_120.jpg
▲西御坊 2012.7.22

●7月28日29日
7/29開催の『滝越りんてつまつり』参戦。前日には9年ぶりに赤沢へも足を延ばした。
20120728_023.jpg
▲赤沢にて。BLWの引き出しはもう1輛増備された北重5tの役目に。2012.7.28
20120729_011.jpg
▲平沢商店でのモジュール運転会テープカット。2012.7.29
20120729_126.jpg
▲水交園では酒井5t No.119のエンジン始動デモも。2012.7.29

●8月16日17日18日19日
JAM出展。(ただし16日は設営、17日は仕事で不参加)
NGJブース周辺ではナロー若者旋風が吹き荒れる。
20120818_027.jpg
▲すっかり綺麗になって帰ってきた鉄聯E型コッペル。練馬に戻ったら壁際になってしまうコチラ側は無論しっかり拝んでおいた。2012.8.18

8月29日
強制有休を利用して都電撮ったり写真展ハシゴしたり。

9月8日
KBMC例会。祭前の追い込み。
120908_013.jpg

●10月7日8日
軽便讃歌3そして軽便祭8。満員御礼であります。

10月20日
珊瑚本2届く。色々と感無量。
a4_re121020_006.jpg

●10月27日28日
草津温泉へ。鉄分は草軽の碑を見たくらい。

●11月3日4日
本年最終猪苗代詣。翌年への布石もぼちぼちと。
trim121104_028.jpg

11月16日
黒石接合会。ツナミを仕込んだK-27のテストランはコンデンサ積み忘れで惨憺たる結果に。
121117_035.jpg

11月24日
牧場さんと一緒に念願の那珂川に行きテンションが上がる。

12月22日
大宮で模型仲間と忘年会。ことしも乙かれさまでした~


おでかけ関連はざっと以上で、以下は模型の実績。
といっても、前年に引き続き、純粋な意味で“個人的”な完成物件は皆無に等しい。
今年はそこいらを何とかしたいものですが。

●WMC (Westside Model Company)-コダマ D&RGW C-16(#278)
cb_278_12-03-17_014-018.jpg
某兄貴から参考でお借りしていたブラス生地完品だが、BlackstoneのC-19(#347)を譲っていただいた引き換えに一通り塗装をしてお返しした(お金がなかったのれすorz)。というわけで今は某兄貴の大増殖中HOn3車輛群のワンオブゼムに。
なお、モーターはオープンフレームの縦型(DV-130?)だったのを、動輪とアイドラーのギアをだるまやM0.25で打ち直したのち仮搭載ということでアル1015にスゲ替えてある。

●Blackstone Models C-19(D&RGW #347)
kt_trim_c19-347_R0067840.jpg
で、バーターで当方にやって来たC-19も併せてライトを交換したり汚したりしてみるなど。


●珊瑚 ダックス(I)テンダー
●    〃     サイドタンク
trim_a10_dachs_P1060347.jpg
珊瑚本2の撮影用として、可能な限りオリジナル部品を利用し生地仕上げしたもの。
テンダー機はメリケンから里帰りさせたミントのAキットを組立。サイドタンク機は某氏の手許にあった加工・塗装済の物をレストア。
現物は今のところ珊瑚店頭に展示中であります。

●ナローガレージ 沼尻ボハフ11
trim12-11-03_015.jpg
緑の村のモジュール常備用に慣れないレジンキットを組んだ。いわゆる“運転会スペシャル”なので、手スリ類は一切省略、カプラー(ケーディ)もトリップピンを切断してある。
当然ながら現物はいま猪苗代に在り。


それでは皆様、コチラではまた来年…?(ぉぃ
(普段の活動というか生存状況はtwitterをご覧下さいませ)
  
  1. 2013/01/07(月) 00:04:10|
  2. アリバイ報告
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

那珂川に行ってきた

trim20121124_150.jpg
▲酒井の5tって小さいのねえ、と実感するひとコマ。

なかなかブログを更新する余裕もなかったが、久々に私的なおでかけ報告を。
一部で話題の『那珂川清流鉄道保存会』にようやく足を運ぶことができた。
3tの内燃機からブルトレの客車(!)まで縦横無尽のラインナップに圧倒されるが、その中からナロー物のポートレイトをまとめてお目にかけてみたい。とはいえ、一部撮り漏らしたものもあるし、さらに内燃機絡みは書きたいこともイロイロあれど、今回は取り急ぎ“見てきた”だけで突っ込んだ話も訊けていないので、説明は最低限にとどめておく。


●蒸機

trim20121124_133.jpg
むさしの村 協三6t G=2ft  背後に見えるのは留萌のクラウス17号。

20121124_029.jpg
台湾糖業 No.360(チュービッツ) G=2ft6in


●林鉄系 G=全て2ft6in

20121124_056.jpg
長野営林局(王滝署)No.76 酒井5t

20121124_054.jpg
秋田営林局(能代署) 酒井4.8t

20121124_145.jpg
秋田営林局(能代署) 客車 ※殆ど新製に近いと思われる復元

20121124_036.jpg
20121124_053.jpg
長野営林局? 鋼製運材台車(岩崎レール) ※2組有り。ともに4M長の杉材を積載。


●関西電力(木曽) G=全て2ft6in

20121124_043.jpg
加藤7t

trim20121124_044.jpg
客車(岩崎レール)

20121124_223.jpg
上2台の関電須原発電所保存時代の説明板。馬頭運送にて。

20121124_165.jpg
松岡10t(級) ※機関:日野DS50・S/N 61026

20121124_242.jpg
加藤3t・S/N 60062 ※機関:いすゞDA220・S/N 505289


●産業系

20121124_011.jpg
東鉄運輸 加藤3t(加藤台枠+酒井ラジエター) G=2ft 

20121124_013.jpg
蔦屋建設 加藤3t G=2ft ※機関:トヨタ6気筒(G)、台枠の錨マークは「削正跡を元に復元」したとの由だが検証の余地有り。
↓蔦屋建設にて保存時代の同機(左側)。1993.8.7
a8_tutaya_R0070966_nr318-16_930807.jpg


20121124_012.jpg
金子組 加藤5t G=2ft ※公式HPでは5tとされているが、4tクラスの機体。

20121124_019.jpg
建設省? 加藤6t G=2ft

20121124_023.jpg
関東特殊鋼 ニチユ6t G=2ft6in

20121124_167.jpg
小川工業 4~5t?(酒井台枠,ラジエター,変速機+加藤キャブ,砂箱) G=2ft ※機関:加藤K-1(G)・S/N 1317

20121124_025.jpg
小川工業 ナベトロ(右・他2輛有)/平トロ G=2ft

20121124_024.jpg
蔦屋建設 ナベトロ G=2ft

●豆汽車

cb_20121124_155.jpg
アルナ工機製 蒸機型DL+客車 G=2ft6in ※浜寺公園『浪花号』と同型。現役時代の使用者=? 機関:いすゞ6BB1

20121124_107.jpg
C-12 G=2ft6in ※保存会(馬頭運送)自社製。フォークリフトの改造か?


それにつけても(都内からは)遠い所である。
今回はTXでほぼ終点近くの万博記念公園駅まで行き、そこから牧場さんの車に便乗させていただいたのだが、さらにタップリ2時間余かかった。
だが、見聞きしたいことはまだまだ尽きないので、年明け辺りにでもまたお邪魔してみたい。


★写真:特記以外すべて、2012.11.24 那珂川清流鉄道保存会および馬頭運送(株)にて撮影。
  
  1. 2012/11/27(火) 03:55:09|
  2. 外出(鉄)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

ポンコツよ、さらばです。

bx_inawasiro_111103_022trim.jpg
猪苗代・緑の村 2011.11.3

久々の更新がこんなネタというのもアレなのだが。
ウチのポンコツこと、赤い'87年式シトロエンBX19GTi(E-XBD6)がやむなく引退の運びとなった。
もともとは自分で廃車の手続きをするつもりだったが、縁あって同じ車にお乗りの方から「部品取り用に譲って欲しい」とのお話をいただき、一週間ほど前に先方へ貰われていったのだった。

trim2_bx-adieu_R0068671re.jpg
Going,going… 2012.6.23


新車登録が1987年6月なので、車齢はちょうど四半世紀。自分の手許にやってきてからも丸15年という長い付き合いであった。
最終積算距離は約132,000km。ただし自分で乗ったのは54,000km弱なので年数の割に大したことはない。しかもここ5~6年は特定の場所へのモジュール輸送専用車と化していた感があるが、思い返してみればそれなりにあちこちへと行ったもんである。

C97022-BXGTi-2Ass.jpg
尾小屋 1997.8

a8_bx_sbonia_980705_c98023-16.jpg
小網代 1998.7

a8_bx_kijima990213_c99003.jpg
木島 1999.2

a8_mzg_030813_CIMG0534r.jpg
小口川 2003.8

a8_kappaku_030813_CIMG0657.jpg
糸魚川 2003.8

a8_fbm_031019_CIMG2294.jpg
車山高原 2003.10

a8_yk_060814_R1005768.jpg
伊勢崎 2006.8

a8_usui_060730_R0025311.jpg
横川 2006.8

a8_gakunan_070210_R1010888trim.jpg
比奈 2007.2

a8_bx_bessyo_081109_R0019507.jpg
八木沢 2008.11

a8_bx_outaki_101009_R0049828.jpg
王滝(松原) 2010.10


遠征だけでなく、模型屋などへのアシとしてもよく活躍してくれた。
a8_eriei_020202_DSCF2739.jpg
練馬 2002.2

a8_endo_030615_DSCF1288.jpg
立川 2003.6

a8_bx_mw_031018_CIMG2192.jpg
安曇野 2003.8


まあ、時には立ち往生もしたもんだが…(^^;)
a5_bx_kosyo_090823_100.jpg


それでも長年乗ってこれたのは、練馬は氷川台の近くにあった『マリナーオートサービス』の荒井さんのおかげでもあった。
しかし、残念なことにそのマリナーが昨年暮れに廃業してしまう。

a8_bx_mariner_090829_R0043794r.jpg
無事修理が終わり、マリナーのヤードに佇むの図。左におられるのがずっと主治医だった荒井さん。2009.8

それが手放すきっかけの一つとなったのは確かだが、他に何事もなければ、おそらく別の主治医を探して乗り続けていたことだろう。
しかし、昨今の情勢の変化で、もはや自分のところではこういう“純粋な道楽グルマ”を維持できる状況ではなくなってしまった、というのが偽らざる実情である。
気分的には、戦時中の金属供出のようなもの…と言ったら大袈裟か。


'90年代においてはポピュラーな外国車のひとつであったシトロエンBXも、街中でその姿を見ることはめっきり減った。そしてウチのをお譲りした相手の方によれば、修理パーツもここ数年で急激に枯渇しつつあるのだという。
いずれにせよ、あとは残された同族たちがつつがなく生き永らえてくれることを願うばかりである。

a8_bx_eriei_970510_c97013-37.jpg
手許にやってきたばかりの頃に撮った、知人のTRIブレク(右)とのツーショット。こちらはまだ元気でいるだろうか。 1997.5


注:当エントリ内の画像はすべて自動車のナンバープレートを画像加工してあります。

  1. 2012/06/30(土) 13:46:00|
  2. クルマ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

2011年後半アリバイ報告

年が明けまして2012年。みなさま今年もよろしくお願い申し上げます。

で、いまさら去年の話の残りを書くのも心苦しいのですが書いとかないと忘れちまうから、ということでお許しを。
(例によって日付のリンクは当該日のtwilogへ)


9月
事前接続会とかトリセツとか祭の準備各種に追われる。
a5_11-10-01_001.jpg


10月2日
軽便祭7開催。おかげさまで今回も盛会のうちに。
111002_074.jpg


10月中旬
BXのフューエルタンクにアナがあき(厳密には10年くらい前に塞いだアナが再発)入院。
そしてずっとお世話になってきた修理屋さん(マリナーオートサービス)が年内で廃業と聞かされ愕然。
a5_trim_R0060011.jpg


10月29日
鉄模連会場にて黒石病に感染する。
1諭吉でツリのくるジャンクとはいえ、その後周辺投資で何倍もの金が飛んでってるわけだが、五体満足な完成品を買ったところでたぶん結果は一緒なので多少は安く済んでるはずだぜ、と思うことにしておく。
当座、大規模な地面は兄貴ほかに任せて(w)、Dachs Storyのアレを再現したいものだと。
trim11-11-06_004.jpg


11月3日
7月に続き、モジュールのメンテのためにふたたび猪苗代へ。
夏以降、軽便のモジュールのおかげで『緑の村』の展示館のお客さんがずいぶんと増えた、と聞かされ恐縮。
外は生憎の雨+日帰り強行のため他を観てまわる余裕はなかったが、土産(主に酒w)の大人買いは励行してから帰路に。
111103_026.jpg


11月5日
猪苗代から帰ってきたらBXのガソリン漏れが再発し再入院orz
しかしタンク本体ではなくリターンホースの劣化が原因だったので即日退院。
何やかやでマリナーにお世話になるのもこれが最後か、と思うと一抹の寂しさは禁じ得ず。
111105_025.jpg

111105_036.jpg


11月27日
某所にて黒石病患者の会開かれる。
例のC-16にイモンのコアレス(UNOモーター)積んで拷問したら黒石貨車30輛牽いた。UNOモーターすごいわ。
11-11-26_039.jpg


12月11日
つい出来ゴコロで皆既月食の写真なんぞを撮り、改めてデジカメの恩恵を実感する。
しかし冷え込み厳しき中で何度も外に出入りしていたせいで月におしおきされる(風邪をひく)。
trim_a6_P1050757.jpg


12月23日
例により大宮で年忘れ。散財の方は下津井動力化キットや基隆トロなど。


12月30日
ダメ押しで最終年忘れ。一同シェフのやる気に感嘆。
11-12-30_006.jpg


●そして年が明けた途端に風邪をこじらせ3ヶ日をムダにする。(←イマココ)


…余裕があったら近日中に(模型の)前年実績も上げたいものですがはてさて。
  
  1. 2012/01/04(水) 22:35:22|
  2. アリバイ報告
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
前のページ 次のページ

プロフィール

cjm

Author:cjm
「一見複雑そうなバルブ類はロストパーツからそれらしく」とか適当なことを言いながらそれらしく作れる人がうらやましい。

メインサイトは(一応)ここ。ブログ主に直接ご用の向きはこちらへ。
ちなみにコメは承認制。

■管理者ページ

Twitter on FC2

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

外出(鉄) (28)
昔の写真 (4)
工作(模型) (25)
散財(模型) (9)
外出(模型) (10)
工作局作品帖 (2)
工作局仕掛品長期在庫 (1)
散財(その他) (2)
母屋更新 (5)
アリバイ報告 (12)
クルマ (2)
PC (2)
その他 (38)
お知らせ (10)
旧Doblogエントリについて (1)

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。