作業部日誌V3

        

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

岩手開発@1988

iwateR88nr88-024_750.jpg
▲JRの構内の外れに申し訳程度に佇む岩手開発鉄道の盛駅。さらに奥には機関庫があり、実質唯一の旅客本務車・キハ202と青いDLが出を待っている。

はなからデザインってもんを放棄したかのようなチンチクリンな気動車と、ガツンガツンやってくる鉱石列車が名物だった岩手開発鉄道。
行ったのは、2つ前の鉄博のエントリで触れたように、鉄ヲタがオケラとかミジンコ扱いだった今を去ること20年前。恐ろしく行きにくいうえに旅客が一日数本しかないこんな辺境私鉄に行けるくらいおいらもヒマ人だったのだなあ、と。
とにかく訪問できたことに満足してしまって、あまり細かいことは覚えていないのだが、岩手石橋の、見かけは素っ気無さ過ぎるくせに積込音はドンガラガッシャ~ンと迫力満点だったホッパービンがいまでも妙に印象に残っている。

iwateR88nr89-007.jpg
▲岩手石橋に進入するDD5652牽引の下り空車編成。

iwateR88nr89-011.jpg
▲石灰石原石積込のホッパーが聳える終点・岩手石橋の構内。いちおう中央の白い建物が駅舎だが、乗降客などろくにいないがために駅舎らしさは微塵もなく、機能的にも信号所詰所そのものだった。画面奥がスイッチバックになっていて、▼のように本線は右手前に向かって盛方面へ延びている。iwateR88nr88-036.jpg

iwateR88nr89-003.jpg
▲岩手石橋駅舎の辺りから構内の末端を望む。

iwateR88nr89-022.jpg
iwateR88nr89-023.jpg
iwateR88nr89-026.jpg
▲▼路線半ばの交換駅・日頃市に、当駅止まりのキハ202の区間列車が到着。しかしキハは客を降ろしたあと、いったん側線に転線して退避する。貨物列車の交換をやり過ごすためだ。iwateR88nr89-027re.jpg

iwateR88nr89-029.jpg
▲貨物が行ったあと、ようやく駅本屋のある番線に転線して上り盛行きに。この列車に乗ってそのまま帰路についたのだった。
<写真すべて 岩手開発鉄道 1988.2.26 F-1 KL/KR>

スポンサーサイト
  1. 2008/02/14(木) 02:48:48|
  2. 昔の写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<富山営林署常願寺森林鉄道千寿ヶ原土場にて(嘘 | ホーム | 砂防のMC@1992>>

コメント

怒涛の更新ですね~

>はなからデザインってもんを放棄したかのようなチンチクリンな気動車

模型工作誌の入門用製作記事にぴったりの車輌ではありますな。(棒読み)
製品では奄美屋から16番、キッチンからNで出てましたね。
そういや、或るメーカーの社長が若い頃にプラ板で作ってNマガに掲載されてたな~
  1. 2008/02/16(土) 23:55:19 |
  2. URL |
  3. 司食鳥弟 #ZF1ARx5c
  4. [ 編集]

“なんじゃこりゃ”な見てくれだからこそ模型的にはそそる、ってやつですよね。
>Nマガ
見た記憶はないのですが誰だかはわかります(w
足回りをどう料理したのかが気になるなあ…
  1. 2008/02/22(金) 01:21:41 |
  2. URL |
  3. cjm #PBKNf/Mk
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://chojamaru.blog51.fc2.com/tb.php/6-a8c8b5a8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

cjm

Author:cjm
「一見複雑そうなバルブ類はロストパーツからそれらしく」とか適当なことを言いながらそれらしく作れる人がうらやましい。

メインサイトは(一応)ここ。ブログ主に直接ご用の向きはこちらへ。
ちなみにコメは承認制。

■管理者ページ

Twitter on FC2

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

外出(鉄) (28)
昔の写真 (4)
工作(模型) (25)
散財(模型) (9)
外出(模型) (10)
工作局作品帖 (2)
工作局仕掛品長期在庫 (1)
散財(その他) (2)
母屋更新 (5)
アリバイ報告 (12)
クルマ (2)
PC (2)
その他 (38)
お知らせ (10)
旧Doblogエントリについて (1)

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。