作業部日誌V3

        

D&RGWの花形列車 “San Juan”を塗る (2)

“San Juan”という列車

a10_ngpic2_passenger_cover1.jpg
a10_ngpic2_passenger_cover4.jpg
▲D&RGWの客車の形式写真を収録した “NARROW GAUGE PICTORIAL” Vol.II。その表裏のカバーを飾る写真の列車が、まさしくお題の“San Juan”である。

San Juan(サンファン)という言葉はそもそも“聖ヨハネ”のスペイン語表記であり、スペイン語圏や北米の旧スペイン領の随所で地名にもなっている。
個人的には聖ヨハネ由来のナニカといえば、むしろブラジルのサン・ジョアン・デル・レイ Sao Joao del-Rei(→ けむりプロ『ビンチドイスとその仲間たち』を見よ)の方が先に思い浮かぶ体たらくであるが、それはさておき、列車の名前自体は、主に D&RGW(Denver and Rio Grande Western R.R.)の3ftゲージ路線によって成り立つ“コロラド・ナローゲージ・サークル”の内側一帯に屹立するサンファン山脈(San Juan Mountains)にちなんだものである。
Alamosa と Durangoを結ぶネームド・トレインは1881年に運行が開始され、当初は“コロラド&ニューメキシコエクスプレス”(Colorado and New Mexico Express) を名乗っていたが、1937年に名前をSan Juanに改めた。D&RGWのネームド・トレインは他に“Silverton”(Durango デュランゴ~ Silverton シルバートン間)、“Shavano”(Salida サリダ~Gunnison ガニソン間)があったが、いずれも先に姿を消し、San Juanのみが1951年まで生き永らえた。

Sun Juanは、座席車が日本型で喩えれば“特ロ”とビュフェ付のパーラーカーのみ、という列車であった。日本の軽便に慣れ親しんだ身には、やはりナローながらにして“豪華”列車というあたりに色目を遣わずにはいられない。
なお、本邦では『サンファン“急行”』と称されることが多いが、彼地の或る書物(*1)にはこんな趣旨の記述がある。
「時折この列車のことを“San Juan Express”と記す物書きがいるが、そんな列車はいない。“San Juan”という誇り高き列車なら存在した」
「1947年、San Juanが10周年を迎えたとき、Holiday Magazineが出版した“Narrow Gauge Holiday”で、著者のLucius Beebe(*2)は正しくSan Juanという名前を使ってくれた」

じっさい、現役当時のタイムテーブルを見ると、停車駅に関してはほぼ各駅に近く、あまりスピードを売りにしている気配もない。スイスのメーターゲージの“氷河急行”のような性格の列車を想像すればよいのだろうか。
それにしても、豪華列車=急行ないし特急のはず…という思い込みは洋の東西を問わずあるようだ。
*1:John B.Norwood “Rio Grande Narrow Gauge” (Heimburger House Publishing) Chapter 14 “The Sun Juan”より
*2:Lucius Beebeは、“NARROW GAUGE IN THE ROCKIES”の著者のひとりでもあった。

基本的な編成は、機関車の次位より
 Baggage-Mail(R.P.O.〔=U.S.Railway Post Office〕Baggageとも)=郵便車
 Baggage=(通常の)荷物車
 Vestibuled Coach=密閉デッキ式客車
 Parlor Buffet
の4輛。BaggageとCoachが客貨の量に合わせて適宜増結されるかたちだが、概して編成における荷物車の比率が高く、7~8輛の編成でうち5輛が郵便車+荷物車というケースも見られた。
ベスティビュール・コーチの車番はNo.272,310,312,323~327。インテリアは、車内中央にソファ2基、そして両端には2+1列のファブリック張のクロスシート。
パーラーカーはビュフェ(厨房)付きのタイプである “ALAMOSA” “CHAMA” “DURANGO”の3輛。各々窓配置等は微妙に異なるが、片側オープンデッキの車体を持ち、車内には10脚の回転式パーソナル・チェア、4人掛けのダイニング・テーブル、そして厨房を備えていた。
これらのベスティビュール・コーチとパーラーカーは、いずれも1880年代製の在来の客車を1937年にSan Juan用にリビルトしたものである。
牽引機は主にK-28が充てられた。ただし10輛いたK-28のうち、1942年に7輛がアラスカのホワイト・パス&ユーコン(White Pass&Yukon R.R.)に供出された後は、より大型のミカド・K-36の出番が増えたようである。



Balboaの D&RGW Passenger Train 4-car set

つぎに、模型製品の氏素性について触れてみよう。
“San Juan”を模型化したこのHOn3の客車4輛セットは、日本製の北米向け輸出製品で、ものの本(*3)によれば1965年の製品。
日本での製造元請けは熊田貿易(現・クマタ貿易)。同社は創業当初は輸出仲介専門であったが、1963年より自社工場でも製造を始めている。ただ、この製 品が自社製なのか他社委託(当初の主な依頼先はつぼみ堂、鉄道模型社、G.O.モデルなど)なのかは調べ切れていないので、ご存知の方がいらしたらぜひご教示を…
米国での発売元・“Balboa Scale Models”は、1960年代中盤から1970年代前半にかけて活動していたインポーター。HOのスタンダードではSouthern PacificやSanta Feの機関車が多いが、3ftナローも数多く手がけており、HOn3ではカツミ製のC-19、K-36、Class A-2シェイ、水野製のC&S#74、T-12、DSP&Pメイスンボギー、熊田製のC-21、RGSグース(No.2及びウェインバス・ボディの3トラック)などを出している。なお、ビルダーに関しては、カツミ以外はカタログや製品のパッケージには名前が明記されていなかった。
*3:The Art of Brass in model railroading Volume I(熊田晴一/プレス・アイゼンバーン〔1982〕)/BRASS MODEL TRAINS Price & Data Guide Volume II(Brass Guide,inc/Publishing Partners International〔2009〕)

製品が想定している車番は以下の通り。
 Postal: No.66
 Baggage: No.168
 Coach:(不特定)
 Parlor Car: ALAMOSA

Balboaの1966年版カタログにおける現地価格は$49.95。1ドル=360円、日本の大卒男子初任給が24,000円、天賞堂の10系客車の完成品(もちろんブラス)1輛が1,700円前後…という時代の話である。
製品はとことん真鍮プレス主体の構成。時代ゆえにプレスの仕上がりのダルさは否めないし、モニタールーフ側面の配置も意外とイイカゲンだったりするが、やはり当時の国内向けの日本型製品とくらべれば、ひと手間よけいにかけている印象。
側窓枠は一枚一枚嵌め込み。木造車体のスジ目やモニタールーフの通風孔などはエッチングによる表面処理だが、荷物車のスソのリベットは打ち出し。台車もドロップ製ながら一見ロストと見紛う彫りの深さを見せる。
同じセットは、'75年に同じ熊田の製造で、別のインポーター・N.J.International社(N.J. Custom Brass)より再発されている。そちらはモニタールーフ側面の配置はおおむね実物に即するよう改められ、床下等のディテールにはロストパーツも多用され ている。

a12_trim_P1070876.jpg
a12_trim_P1070873.jpg
▲加工・塗装前の状態。床下はチャンネル材を用いて最低限の梁は再現。機器類は挽物のエアタンク、ブレーキシリンダと、プレス抜の板をハンダ付で箱組みした蓄電池箱のみ。



いよいよ下準備

この模型はそもそも“台車だけ返却する”という条件で譲ってもらった代物なので、預かった直後に台車はBlackstone Modelsのもの(品番:B370107 5' 0" Passenger Trucks, Pair, Pullman Green)に履き替えた。ただ、元の台車とはボルスタ高が異なるため、適当なワッシャ等を用意して調整の必要があった。
塗装をするに当たっては、まずワイヤブラシやモーターツールに咥えたブリッスル・ディスクで酸化皮膜を落とす。
歪みが目につくところも多いので、ヤットコ片手に車体のスソ、扉、手スリ、ステップなどはひととおり修正したものの、さすがにモニタールーフの垂直が出ていない辺りは手に負えないので潔くあきらめた。
あきらめたといえば、ディテールの追加も然り。困ったことに(笑)コロラド・ナローは掘れば掘るほど資料が湧いてくる世界なのだが、古い製品ゆえ変に手を加えると年増の厚化粧になりかねないから、とにかく池袋までに色を塗る!ことを第一に進めることにした。
で、このあとはいよいよ塗装に移るわけだが、塗る“色”のことでアッサリと暗礁に乗り上げるのだった。

a12_trim_IMG_9357.jpg
▲一通り磨いてみると歪みも目立つので、このあと地道に修正。9mmナローとしては割と大柄な“ダックス”と並べてもこれだけデカブツなのである。

a10_IMG_9392.jpg
▲側窓は、プレスでサイドを折り曲げた窓枠を一枚一枚嵌め込んである。写真は、下地仕上げ中に中央の窓枠1枚がハンダが取れて浮いてしまったもので、このあと慌ててハンダを流し直す羽目に。
   
(1)へもどる(3)へつづく

スポンサーサイト
  1. 2017/07/04(火) 04:47:00|
  2. 工作(模型)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<D&RGWの花形列車 “San Juan”を塗る(3) | ホーム | D&RGWの花形列車 “San Juan”を塗る(1)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://chojamaru.blog51.fc2.com/tb.php/187-56e755c0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

cjm

Author:cjm
「一見複雑そうなバルブ類はロストパーツからそれらしく」とか適当なことを言いながらそれらしく作れる人がうらやましい。

メインサイトは(一応)ここ。ブログ主に直接ご用の向きはこちらへ。
ちなみにコメは承認制。

■管理者ページ

Twitter on FC2

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

外出(鉄) (28)
昔の写真 (4)
工作(模型) (28)
散財(模型) (9)
外出(模型) (10)
工作局作品帖 (2)
工作局仕掛品長期在庫 (1)
散財(その他) (2)
母屋更新 (5)
アリバイ報告 (12)
クルマ (2)
PC (2)
その他 (38)
お知らせ (10)
旧Doblogエントリについて (1)

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター