作業部日誌V3

        

GX100+135mmで池上線を撮る

気がつけば、今年も残すところたったの10日強。

あああ年賀状作んなきゃ!

…と追い詰められてやっと手をつけはしたものの、みごとに途中で飽きて現実逃避モード発動w、ンヶ月前に書きかけでオクラになってたネタをサルベージして仕上げてみたのでみてみてね。
(ダメだこりゃ)


re08-11-05_000.jpg
▲TC-1を付けた状態のGX100

目下のウチのメインカメラは、リコーのGX100である。
この機種、ここを見てくださっている皆様の多くはご存知かと思うが、リコーお家芸の接写の強さに加え、マニュアルを含めた絞り優先の露出制御が可能なため、被写界深度を稼ぐ必要のあるレイアウトやジオラマの撮影にはうってつけ。
さらに手ブレ補正のおかげで、運転会の会場や工作台のような室内環境でも手持ちで気軽に撮影ができるとあって、一部では『模型撮影に最適なデジカメ』としてもひそかな人気者だったりする。なんせ後継のGX200も含めると、近しい知り合いのナローゲージモデラーだけざっと5、6人ユーザーがいるんですよ!なんだか杉山さんのベビークライマックスなみの普及率だネ!(どういう喩えだ)

さて、自分の場合、実物鉄でもこいつをほぼ絶賛愛用中ではあるのだが、実車撮影においてはひとつ大きな弱点があった。ズームのテレ側が135判相当で72mmまでしかないので、“走っている列車を撮る”のが苦手科目だったのだ。
ゆえに、そのテの撮影に関しては、引き続き30年落ちのロートル銀塩機に頼るか、いっそデジタルSLRに手を出すか…と微妙に悩ましい日々であったが、この夏にリコーからTC-1と称するGX100・200用のテレコンバージョンレンズが発売になった。これを付けると、135mm相当の焦点距離が得られるという謳い文句である。
アダプターを含めると量販店でも20,000円前後になるから、コンデジのアクセサリとしては結構なお値段ではあるが、GX100一台ですべて事足りるならそれに越したことはない、というわけで買ってみた。

以下はその結果。いくらか試し撮りをしたのちに、ホンチャンとして池上線を撮ってみたもの。一部の画像は、未加工の原画を別鯖にうpしてリンクを貼ったので、画質やExif情報に興味のある方はどうぞ(一コマ3.5MBくらいあるので注意)。

★写真すべて、東京急行電鉄池上線・目蒲(多摩川)線 2008.7.26
リコーCaplio GX100+コンバージョンレンズTC-1(135判で135mm相当)/焦点はMFモードで∞固定/3,648×2,736pixel または 2,736×2,736pixel・画質FINEの原画を横幅500pixelにリサイズ(トリミング・色調修正ナシ)

080726_030.jpg
▲7901F(前より7701+7801+7901) 石川台―雪が谷大塚
未加工原寸大画像

080726_044.jpg
▲7662Fと1320Fの離合 雪が谷大塚―石川台

080726_052.jpg
▲雪が谷検車区に憩う 左から7912F・1022F・7902F・1019F
未加工原寸大画像

080726_055.jpg
▲池上線80周年ヘッドマークを掲示の1313(1012F) 奥に見えるのは7906 雪が谷大塚

080726_061.jpg
▲デハ7712(7912F)の横顔 雪が谷大塚
未加工原寸大画像

080726_069.jpg
▲7813F 石川台

080726_075.jpg
▲石川台に進入する旧7000系列きっての異端車・7915F(前から7715+7815+7915)
未加工原寸大画像

080726_080.jpg
▲旗の台駅は依然改良工事続行中 7907F 

080726_103.jpg
▲蒲田駅を望む 左から1020F・7905F・7102F
未加工原寸大画像

080726_112.jpg
▲雪が谷区の新鋭・(新)7000系。今までの東急車らしからぬ前頭形状と、子会社の旧塗装をパクったにインスパイアされたと思しきカラーリングが特徴。7101F(前から7301+7201+7101) 矢口渡―蒲田

実際にTC-1との組み合わせで使ってみた感想を簡潔に記すと、
○=画質の低下はほとんど感じず、実用上支障なし。歪曲収差がほぼ是正されるのもうれしい。
△=タマが意外と重く、HA-2アダプターと本体間の取付強度にやや不安が
×=AFでまともに遠景のピンが合わない

…そう。接近戦はまだいいが、野に出て実物のデンシャ相手の勝負だとAFがダメなのである。導入に合わせてファームウェアのアップデートもしたが、合焦までにジーコジーコと迷いがちなうえ、撮影後にプレビューをチェックしてみると軒並み前ピンときたもんだ。
さすれば、焦点調節を∞固定モードにしたらどうかと試してみたら…∞固定モードのくせに無限遠が出てねえよ!(個体差の可能性もあるが…)
すったもんだの挙句、少なくともウチの機体に関してはMFモードにして、且つ手動で∞にすると無限遠が出るということが判ったので、上に掲げた画像はすべてそのやり方で撮っている。
実のところ、撮像素子の小さい(GX100のそれは1/1.75サイズなので凡百のコンデジの1/2.5よりは若干大きいが)カメラゆえに、135mmクラスの望遠でも、本線用大型車輛のカタシキや走りのような、被写体へのディスタンスが10m以上ある条件なら、ピンは無限遠にしておけばすべてカタがついてしまうのだ。それゆえ、ピント合わせに神経を使わずにシャッターチャンスに集中できるから、レリーズのタイムラグさえ会得していれば、走ってくる列車をフレームのギリギリまで引き込んだ画も思いのほか楽に撮れる。

コンデジは、ボケを活かした画を撮りづらいことや画像の立体感に欠ける点をしばしば謗られるけれど、“長ダマ・ISO100・1/500sec以上の高速シャッター・開放絞り”という条件でも、列車の編成のアタマから後ろまでピンが合うというのは、135判以上のカメラには逆立ちしてもマネできない美点であろう。
たまには前後ボケボケの写真も悪くないが、自分の鉄道写真は基本的に記録性重視のスタンスってこともあるし、今回お目にかけた程度の画質が得られるなら、デジタルでウスラでかいSLRにわざわざ手を出さなくとも当面はやっていけそうかな、というのが正直な感想。


…つか、それ以前にデジイチとか買うようなお金ないしな!orz
スポンサーサイト
  1. 2008/12/21(日) 12:49:40|
  2. 外出(鉄)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

まだだ、まだ終わらんよ2線式

ウチのネタによろづさんが釣られて下さった同じ頃、じつはオラも淀じゃなくて尼ゾンですが買ってしまったのですQトレイン。しかも同じEF81。

ass081208_000.jpg

もっとも、車種については…
走ルンです?見飽きてるからいい。
電気釜?583じゃないならいい。
113?イスがせまいし乗り心地わるいからきらい。
EF66?ちんちくりんにするとカコワルイんだよな。
せっかく3輛連結なんだから池上の3450とかギフの510とか出ないんですか(出ねえよ)。

…という消去法でこれになっただけです。すいません。

うちでは買って今のところ狭いコタツの上であちこちガツンガツンぶつけながら走らせて遊んでるだけなんだが、よろづさんはといえば早速分解などしてらっしゃるので興味のある方は見に行くが吉

で、本題はじつをいうとQトレインではなくてこれ↓



カマ自体は懐かしいミニトレインズのBサドルタンクなれど、DCC化に加えキャパシタ搭載で集電不良も屁のつっぱりはいらんですよ状態。
このところ手許の2軸動力車において、DCC化の副産物である離電時のシビアさに泣かされつづけてきたので、Qトレインを前に「究極は電池搭載無線制御かなあ」と妄想モードに入っていたんだけれど…
そうかこの手があったか!(こうやって見せられないと気づかないのは電気田舎者の悲しさ)というわけで、表題のごとき感想に到った次第であり。

それにしてもコイツ、動画の最後の方に出てくるけどモーターもすごいの積んでるなあ。これでウェイトががっつり効いてれば牽くぜ~超牽くぜな予感。
もっとハードな拷問?映像を見てみたいものです(ってここに日本語で書いてもしょうがねえだろ>俺)。
  1. 2008/12/08(月) 01:29:14|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

夏と秋の想い出らしきもの(by銀塩)

titibu_R08005-16ass.jpg
▲秩父鉄道 武州中川―浦山口 C58363他 2008.8.14 キヤノンF-1 85mm KR

neri_R08006-09ass_re2.jpg
▲林野庁林業機械化センター(根利) 協三10tDL(北見局津別署→長野局上運No.141)  2008.10.14 キヤノンF-1 135mm KR

kubiki_R08007-17ass.jpg
▲頸城鉄道資料館(百間町) ハ6+2号機 2008.11.9 キヤノンF-1 35mm KR

bessyo_R08007-32ass.jpg
▲上田電鉄別所線 八木沢 モハ7253+クハ7553 2008.11.9 キヤノンF-1 85mm KR

6月に期限が切れてるうえに、撮影後2週間~3ヶ月のあいだタップリ寝かせた(w)コダクローム3本をやっとの思いでカンザス送りにしたら、たった11日で帰ってきた。不況のくせにやるなア×公(謎
というわけで、すっかり旬は過ぎた写真だがアリバイ的にうp。
発色どうだったかって?まあシロウト目にはたぶん許容範囲(ていうか、ふだん銀塩扱ってないからもう微妙な色の善し悪しなんてわかんねえorz)。

ちなみに根利の協三10tは、デジカメで撮るとえてして↓こんな色になっちまうんだが、実物の色合いは↑のやつみたいな感じなのでおぼえておくとよい…かもしれない。

kyosan10t_dcp.jpg
▲根利 2008.10.14 リコーGX100

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
【追記】 2008.12.8
↓元社員さんのツッコミを受けて、協三10tの色をいじり直してみた。
上に貼ったのは元ポジに色を合わせたつもりだったが、手許のFDはややマゼンタ被りのケがあるのを忘れてたorzので、それを念頭にリトライ。
neri_R08006-09ass_re4tr.jpg

↓さらに参考までに、去年の根利林鉄まつり(2007.10.21)の際に撮った晴天順光時のカット比較を。
▼リコーGX100。色調は弄らずリサイズのみ。
▼▼M6+ズミクロン50mmf2(#240xxxx)+PKR。色調は元ポジ参考に調整。
kyosan_blue_hikaku.jpg
  1. 2008/12/07(日) 22:47:07|
  2. 外出(鉄)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

Qトレインに思わず瞠目

今日、某会合にカオを出したら、こんな作品で一部の皆様はよくご存知の たむちんさんが、タカラの『Qトレイン』を持ってきてて、実際に走るところを見せてくれた。



いやーこりゃおもしろい。
動画の最後で「これならDCCいらないねw」なんて会話も聞こえてくるが、これでバリアブルな速度調整ができるようになれば、確かに無敵かもしれん。
そう、ナローや小型車では悩みのタネである“集電”との戦いから解放される!そして線路も、レールクリーニングに血道を上げずにすむどころか、レールが錆びてて道床も草とか泥に埋まっとる状態をガッツリ表現した線路でも涼しい顔で列車を走らせられる!と思うとおらワクワクしてきたぞ。
てなわけで、今後のこの手のアイテムの発展には気長に生暖かく期待。その日がくるまでは、引き続きベリリウム銅線とかルッターメラーもどき特殊動輪とかを武器に地道に戦いつづけるだけです、ええ。
  1. 2008/12/01(月) 04:00:10|
  2. 外出(模型)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

プロフィール

cjm

Author:cjm
「一見複雑そうなバルブ類はロストパーツからそれらしく」とか適当なことを言いながらそれらしく作れる人がうらやましい。

メインサイトは(一応)ここ。ブログ主に直接ご用の向きはこちらへ。
ちなみにコメは承認制。

■管理者ページ

Twitter on FC2

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

外出(鉄) (28)
昔の写真 (4)
工作(模型) (28)
散財(模型) (9)
外出(模型) (10)
工作局作品帖 (2)
工作局仕掛品長期在庫 (1)
散財(その他) (2)
母屋更新 (5)
アリバイ報告 (12)
クルマ (2)
PC (2)
その他 (38)
お知らせ (10)
旧Doblogエントリについて (1)

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター