作業部日誌V3

        

鬼に笑われても、

ass800_R0019062.jpg

祭が済んで早や数週間、昨晩は久々にカルタゴで集まり。
シェフのダックスモジュールで撮影会などしつつ(牧場さんあららぎ先生も写真うpしてますが)、皆で鬼が笑う話をいろいろと。

…そうです。来年もやります。
どうぞよろしくです。
スポンサーサイト
  1. 2008/10/31(金) 05:05:18|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

勝手にブラジル動画祭

いまさらですが釣られてみることにします>ポン引き氏

↓はいずれも前からウチのようつべのお気に入りにブチ込んである動画だが、改めて晒させていただこうかと。


●ペルス・ピラポラ鉄道

perus_yt1.jpg

この動画、あいにくサムネがさえないのでまずは一発キャプ貼らしてもらう。本編は↓をポチっと。



シェフのHP牧場さんのブログで触れられていた動画がまさしくコレ。“ダックス”のプロトタイプがいたペルス・ピラポラ鉄道の1976年当時のカラー記録。
ダックスことサドルの1号機はすでにカジャマーの外れで立ち腐れていたと思しき時期なので出てこないけど、テンダー機たちの雄姿はこれでもかこれでもかと堪能できる。とくに麗しのテンホイラー・16号機萌えの人(俺だ)は随喜の涙で見るがいいです。
なお、冒頭5秒ほど出てくるのはペルスではなくセントロ・オエステ鉄道のカマ(おそらく37号機)。このフィルム自体が↓の続きらしい。


●セントロ・オエステ鉄道(1976)


vfco_yt2.jpg

きゃートシ~!ビンチドイス(22号機)よ!

てなわけで、けむりプロの“ビンチドイスとその仲間たち”(交友社『SL』9・10号に収録)で紹介されたセントロ・オエステ鉄道の現役時代。'70年代になっても2'6''のオールドスタイルなBLWがゴロゴロしとったまことにけしからん鉄道である。



そのうえ、今でもBLWは何輛か動態保存されとるらしく、かのビンチドイスもまだ生きてるらしいです。すげえよブラジル。

★2014.5.12追記: セントロ・オエステ鉄道の埋め込み動画を差し替えました。

  1. 2008/10/29(水) 00:53:28|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

祭、終わる

軽便祭4終了。
なんとか無事に。

あらためまして、ご協力・ご出展・ご来場くださったすべての皆様に
心より御礼を申し上げます<(_ _)>

ass800_R0018741re_tr.jpg

個人的には、祭のいち企画・“ダックス祭”に係われたことが何よりの喜びだった。
最初に燃料投下してくれたポン引き氏に、かえすがえすも感謝。
つか、おかげさまでオラのハートは目下ブラジルに行ったきり帰ってこれないわけだが。どうしてくれるw


終わった記念ついでに、チラ裏だが祭の公式ポスター(by髭男爵)の元画像でも貼ってみる。↓

pg080907_021.jpg

シェフがこしらえたペルス鉄道のカジャマー風シェッドに、ウチのダの字と牧場さんのクライマックス(by巨匠フィニッシュ)が佇む、の図。
ダの字は汚しを入れる前だし、シェフの地面もまだこの一廓しか出来ておらず首吊り台も建ってない頃なので、結果的に貴重な記録に……なんて言ってみたものの、ホントは祭の当日に同じ構図で撮ろうと思ってて撮り漏らしただけなのねんorz


そのかわり、風ノ谷芦高二鉱への乗り入れは無事果たせり。
ナガウラさん、ありがとうございます<(_ _)>

trim2_R0018709_2.jpg
  1. 2008/10/10(金) 02:21:25|
  2. 外出(模型)
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:4

プロフィール

cjm

Author:cjm
「一見複雑そうなバルブ類はロストパーツからそれらしく」とか適当なことを言いながらそれらしく作れる人がうらやましい。

メインサイトは(一応)ここ。ブログ主に直接ご用の向きはこちらへ。
ちなみにコメは承認制。

■管理者ページ

Twitter on FC2

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

外出(鉄) (28)
昔の写真 (4)
工作(模型) (28)
散財(模型) (9)
外出(模型) (10)
工作局作品帖 (2)
工作局仕掛品長期在庫 (1)
散財(その他) (2)
母屋更新 (5)
アリバイ報告 (12)
クルマ (2)
PC (2)
その他 (38)
お知らせ (10)
旧Doblogエントリについて (1)

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター