作業部日誌V3

        

しろがねの鯨・カシオペア 【旧Doblogエントリ】

去る2/17~19にかけて、北海道に行ってきました。
以前よりニョーボから「列車の食堂車で食事がしてみたい」というリクエストがあったのですが、そうなると今の日本では、皆様ご存知のとおり札幌行きの寝台車に乗るしか道がないわけです(^^;
東京(上野)からの場合、『北斗星』と『カシオペア』という2つの選択肢がありますが、24系客車は過去に幾度か経験済みということもあるし、どうせなら思い切ってカシオペアに乗ろう!ということで話がまとまったのでした。

FI2350368_0E.jpg

取った部屋は一番安い普通の2人個室(カシオペアツイン)の2階。天井がやや低くて圧迫感はありますが、床面積は相応に広く、A寝台を謳うだけのことはあります。乗車の当日は上野の地平13番線に着いたときはすでに列車入線済で、旅立ちが慌しかったのがチト悔やまれますが、列車が動き出してからは、夫婦ともどもせっかくだからとシャワー室を使ったり編成端っこの電源車サロンに遠征してみたりとすっかりおノボリさん状態(w)。目的である食堂車も夕・朝とも堪能できたし、海峡を越えてからの夜明けの車窓の雪景色もまた格別。それなりに奮発した甲斐はあったと思います。

FI2350368_1E.jpg

ただ、ひととおり楽しんでおいて言うのもナンですが、カシオペアという列車は実際に乗ってみると、世間一般に抱かれているイメージと違い、決してとびぬけて“高級”“豪華”なわけではないよな…というのが率直な感想です。
まず、車内設備全般は、20系客車の誕生当時と直接比べることにムリがあるのは承知の上でいえば、“走るホテル”というよりは“走る東横イン(またはAPAでもα-1でもよい)”というノリ。何輛かごとに用意されているシャワーも、お湯が出るのが6分間の制限つきなので、気分的に慌しいことこの上なし。
あと、ツインに関しては、A寝台でありながらベッドメイキングを客が自らやらにゃイカンのがねえ…。昔583系の昼行特急で勝手に座席ヒリ出し昼寝してて車掌に怒られた(w)経験のあるような身にはそれなりに面白くもありますし、旅館で仲居さんが布団敷くため部屋に入ってくるのを煙たがる風潮もあるご時世では、むしろ客が好き勝手にできる方がサービスだともいえなくはないですが、少々複雑な気分ではあります(--;

FI2350368_2E.jpg

そこいらのブルトレとの大きく異なるのは、食堂車を中心に大勢のクルーが乗り込んで客のセワを焼いてくれることですが、我々が乗った日のアテンダントの布陣は、ルックスよりも、揺れる車内でも動じずに給仕のできそうな体格で選抜した…といわんばかり(^^;)。最初は上手い喩えが見つからなかったのですが、帰京後ある友人にディテールを説明したら「ああ、田舎の高校のソフトボール部のお姐ちゃんて感じ?」という明快な答えが返ってきました(^^;)。
フォローしておくと、みなさん愛想のいい方ばかりで、客の身としては決して不快ではなかったのですけど、“萌え”を期待して乗らない方がよいかと。もっとも、食堂車で周囲を眺めた限りでは、客層は40代以上の夫婦者が圧倒的でしたから、その辺を考慮しての人選なのかもしれませんが。

FI2350368_3E.jpg

とはいえ、札幌行き寝台列車について言い尽くされている評ですが、飛行機なら数時間で済むところを、車内で複数回食事を摂りつつわざわざ丸一日近くかけて目的地に向かうこと自体が、今となっては得がたい行為なのだなあ…というのは改めて実感させられました。
妙な喩えですけど、昔は当たり前だったクジラの肉を有難がって食べるようなものなのかも知れません。

FI2350368_4E.jpg

<写真全て2006.2.17~18 上から、ラウンジカーより望むef81の顔/カシオペアツイン内部(6号車2階室)/北海道のどこか(w)車窓/ディナーの様子/札幌駅到着後回送されるカシオペア>


-----
COMMENT:
AUTHOR: cjm
DATE: 02/28/2006 00:40:31
自己レスですが…最後の段落の写真Cap、EF81がef81になっちゃってるのはバグです。なんとかならんのかね
え(--; <←注:doblogアップ当時>
-----
COMMENT:
AUTHOR: 懐煙
DATE: 02/28/2006 21:42:00
いいなあ~
実物に弱いのですが、電車、客車、新幹線と一通り食堂車で食事をしました。
齢を重ねてからは、食事よりも飲んでいました。
メニューはいつもハンバーグ(まあこれがご馳走になる歳です)
つくづく長者丸さんの奥さんのご主人思いが伝わってきます。
趣味はほどほどにと野暮なことは言いません。奥さんとの素晴しい
時間を中年おじさんにも刺激として聞かせてください。
-----
COMMENT:
AUTHOR: cjm
DATE: 03/01/2006 01:30:54
>懐煙さん
ううう愚妻には勿体無いおことば…<(_ _)>
まあ、今回はちょっと特例でしたが、基本的にニョーボは行き先に温泉さえあれば行程に多少鉄分があってもわりと平気なので助かります。そのかわり、模型絡みの場所には絶対についてきませんが(^^;)

私の場合、札幌行ブルトレ以外にも食堂車が残ってた時代は貧乏旅行の真っ只中だったのでほとんど縁がなく、じつは過去の経験はガキの頃家族旅行で乗った14系さくらと、10年ほど前の100系ひかりの2回きり…今にして思えば、コーヒーかビールだけで居座る機会もなくはなかったのに、と思うと口惜しいです(^^;)
         
スポンサーサイト
  1. 2006/02/27(月) 23:15:34|
  2. 外出(鉄)

こんなもんに乗ってきました 【旧Doblogエントリ】

FI2327653_0E.jpg

週末、以前からのニョーボのリクエストに応えるべく、↑こんなもんに乗って寒いところへ行ってきました。

…おかげで来月は生活が苦しくなりそうですorz

いずれにしても詳細は後日(^^;
        
  1. 2006/02/20(月) 00:14:06|
  2. 外出(鉄)

ささやかなお引越し 【旧Doblogエントリ】

引越し…といっても大した話ではありません。母屋のサーバのことです。
5年前にドメイン取って以来使ってきたサーバが50MBで月3,000円(!)という、さすがに今となっちゃあ容量少なすぎ&高すぎなので業者を乗り換えました。
今まではそことプロバイダのとインフォシークの無料鯖の合計150MBで切り盛りしてきたんですが、こんどは一気に800MBになりましたので、まずは過去にアップしては消していた動画関係を全て復活させてみました。
それでもあと残り600MB近くあるのですから、ついつい頬も緩みます。ナニ?だったらもっとマメに更新をせい?…スミマセンごもっとも<(_ _)>

ということで、いちおうカテゴリは“母屋更新”なのですが…先週末に表紙を変えた以外実質的な新ネタはナシよ、というオソマツの一席にて失礼(^^;)

FI2312658_0E.jpg


-----
COMMENT:
AUTHOR: 元社員
DATE: 02/18/2006 20:53:42
久しぶりにシェイの動画を見ようと思ったのですが、行方不明のようです。
-----
COMMENT:
AUTHOR: cjm
DATE: 02/20/2006 00:13:17
すいませんすいません…直しました。
新鯖はどうもファイル名の大文字小文字が一致してないと鰓になるようです(^^;
-----

  1. 2006/02/14(火) 21:56:30|
  2. 母屋更新

4年ぶりの大井川 【旧Doblogエントリ】

去る2/4・5、KMCの合宿(…実態は新年会兼慰安旅行^^;)で寸又峡温泉に行ってきました。ということは、現地へのアシは当然、個人的に“鉄の娯楽の殿堂”と呼んでいる大井川鐵道(^^)。
じつは約4年ぶりの訪問だったので、車輛などの状況には相応の変化もありましたが、見どころ満載なことには変わりなく、さらに今まで未見だった寸又峡の林鉄の保存車をじっくり見ることもできまして、すっかり満腹の2日間でした。


FI2296184_0E.jpg

4日はまず新金谷駅に集合し、蒸機列車に乗って千頭を目指します。
上左:2本残るツリカケ車、元養老線421Fと元西武351の313Fは残念ながら側線でお休み…
上右:SL出発前でごったがえす新金谷駅前プラザロコには、コッペルx2輛&スロフ1x2輛が静態保存。
下左:我々の乗る列車の牽引機・C11312がクラから出撃。左は2連3本が在籍しひそかに?大井川の電車の主力になってしまった元吉野特急16000系。
下右:当たった客車はラッキーにも室内ニス塗りのオハ35 857でした(^^)


FI2296184_1E.jpg

千頭からオフシーズンゆえDD201+スロフ2輛の井川線に乗換え、一駅目の川根両国で下車し、機関区の見学をさせていただきました。
上左:いつ乗っても狭い(w)スロフの車内。カマ寄りの1輛はKMC貸切状態に…(^^;)
上右:構内では井川線のアイドル・加藤の8t(DB9)が砂干しのCトを従えて日向ぼっこ中。
下左:1984年に除籍後もずっとここに保管されてきたDD107。最近ファン有志の手によってリペイントが行われたそうで、美しい姿をみせてくれました。
下右:メンバー一同はクラの中も、モデラーの目で興味深々と観察…何しろ今では貴重な軽便クラスの内燃車輛の整備現場。

こんな感じで2時間近くをすごし、陽が山陰に隠れるころ列車の時間となったので川根両国を辞しました。
その後一行は井川線・バス乗り継ぎで一路寸又峡へ、温泉街の一番奥にある『求夢荘』に投宿。宿では当然というか、湯けむりと酒と模型にまみれつつ夜は更けてゆきました…


FI2296184_2E.jpg

一夜明けて5日。合宿自体は現地解散なので、チェックアウト後は何隊かに分かれて好き好きに散ってゆきましたが、私はまず何名かと温泉街の数キロほど先、尾崎坂展望台へ。そこには以前千頭駅裏手の土場(千頭貯木場)に保存されていた千頭森林鉄道の保存車(酒井5t・モノコック台車+ドンキー・MC)があるからです。一通り撮影ののち、さらに奥の廃線(大間川支線)跡へ向かう仲間と別れて、温泉街入口まで戻り別の保存車(協三5t・客車・モノコック台車)を観察。その後バスで千頭へ。
上左:泊まった『求夢荘』(白い建物)のすぐ脇には、林鉄(千頭森林鉄道)の橋脚が残っていました。
上右:温泉街から先数キロほどの遊歩道は林鉄跡。このトンネルも林鉄時代からのもの。
下左:尾崎坂展望台の保存車。左から酒井5tDB6・富士重工モノコック運材+集材機・富士重工R108形モーターカー。
下右:寸又峡温泉入口に保存の協三工業5tと岩崎レール製ボギー客車。あと画面左手にモノコック運材一組がある。



FI2296184_3E.jpg

千頭からはどこかで適当に途中下車しつつ下って行こう…と漠然と考えつつ吉野特急の客となったのですが、青部駅でボルボ隊(もりこーさん&権兵衛さん)に遭遇。そのまま下車して合流し、青部から家山までの全駅をクルマでトレースするの各駅停車の旅に。途中、抜里では蒸機の走りも撮れました(^^)
家山でボルボ隊と別れ、電車に乗って尾崎坂まで一緒だった廃線跡アタック隊と再合流、新金谷駅の『まるさん』の店で少し早い夕食をとり、帰路についたのでした。
上左:青部駅にて。赤いクルマはもりこーさんの愛車240GL。
上右:下泉駅の出札口。
下左:抜里駅の外れで捉えた上り蒸機。C11190の牽引でした。
下右:トラスト所有の客車たちが佇む家山駅構内。



FI2296184_4E.jpg

最後に余談。じつは4日の朝、金谷駅に着いたとき、TVドラマのロケをやっているのに出くわしました。
しかもロケ隊は臨時スジで蒸機列車を仕立て、同日は我々もいた寸又峡の別のホテルに投宿、さらに5日は井川線で撮影をしていたそうで、そっちに行ったKMCの某メムバーが現場で某女優と握手するという暴挙(w)にも出たらしいです。
その場では何の番組かは特に確かめませんでしたが、帰ってきてから調べてみたらアッサリ答えは出ました…ヒマな人は“沢口靖子 地井武男”でググってみたらいい。

上:金谷駅にて。この中に吉本多香美と地井武男が!
下:新金谷に到着する、ロケ用に設えられたC11190牽引の臨1003レ。


※画像はすべてクリックで拡大
     
  1. 2006/02/09(木) 04:02:07|
  2. 外出(鉄)

プロフィール

cjm

Author:cjm
「一見複雑そうなバルブ類はロストパーツからそれらしく」とか適当なことを言いながらそれらしく作れる人がうらやましい。

メインサイトは(一応)ここ。ブログ主に直接ご用の向きはこちらへ。
ちなみにコメは承認制。

■管理者ページ

Twitter on FC2

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

外出(鉄) (28)
昔の写真 (4)
工作(模型) (28)
散財(模型) (9)
外出(模型) (10)
工作局作品帖 (2)
工作局仕掛品長期在庫 (1)
散財(その他) (2)
母屋更新 (5)
アリバイ報告 (12)
クルマ (2)
PC (2)
書誌記録 (2)
お知らせ (10)
旧Doblogエントリについて (1)
その他 (38)

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター