作業部日誌V3

        

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

2週連チャン信越方面 【旧Doblogエントリ】

FI1534982_0E.jpg

丸窓のハナシを書いたばかりでナンですが、じつはこの週末の“家族サービス”も長野に行っていたのでした。しかも、愛車にムチ打って行く予定ゆえ鉄分は希薄であるはずが、土曜日寝坊したうえに外は暑いってことで急遽新幹線利用に。
どこいらへんに行ったかは写真からご想像下さい。それにしてもこのノレン、欲しいなあ…(^^;)

----------

COMMENT:
AUTHOR: mizu
DATE: 06/30/2005 19:41:19
こんばんは!
温泉ってえと湯田中あたりでしょうか、いいなあ温泉!

上田の丸窓の保存車、綺麗にレストアされましたね~、ボロ電も好きなんですが、こと上田交通の旧型車に限っては、やはりこうでなきゃって感じですね
-----

COMMENT:
AUTHOR: cjm
DATE: 07/01/2005 06:11:50
mizuさん、ごぶさたしてます!
ご想像のとおり、湯田中のちょっと先、渋温泉へ…(^^;) くわしくはまた別エントリで…

たしかに、別所線は別格!“古いものを大切に使う”ことのお手本みたいな電車たちでしたよね。もっとも、車庫はボロでしかも廃車体がやたらブン投げてあるというギャップがまたタマラなかったわけですが(^^)
-----
スポンサーサイト
  1. 2005/06/27(月) 05:24:55|
  2. 外出(鉄)

“丸窓”5253のよみがえりよう 【旧Doblogエントリ】

FI1534938_0E.jpg

少し時間が空いてしまいましたが、6/21のエントリで触れた“百間町帰りの寄り道先”は何かと申しますと、最近、丸子町の長野計器の工場に保存された、上田交通別所線の“丸窓電車”のうちの1台・モハ5253です。
保存に到る経緯は、このPDFの6頁をごらんいただくとしまして、イヤもう、個人的には現役時代も放置時代もよく知っている電車だけに、その徹底したレストアぶりには感涙を禁じ得ませんでした。そりゃ細かいツッコミを入れれば、末期は手スリと保護棒は磨き出しじゃねえよとか、ベンチとライトケースの色はチト明るいんじゃないのetc.とありますけど、車体色やレタリングの再現はほぼ完璧といえるレベルですし、そして足回りも単純にペンキで塗り固めたわけではなく、ヘタすりゃ電気通せば動くんじゃないかというくらいに手が入っています。さらには、日曜だというのに社員の方が常駐して見学者の対応をされている―いち企業の記念物、というレベルを超越したタダならぬ執念を感じました。感激の一言です。
他人事めいた言い方で気はひけるのですが、あとはただ、永続的なメンテナンスがなされることを願うばかりです。露天保存だけに、気がかりではあるのですが…

FI1534938_1E.jpg
▲左上:現役時代(1985.12)/右上:中塩田放置時代(2003.1)
そして下が現在の保存の姿。放置時代からの劇的ビフォーアフター(w)がよく判ると思います。

FI1534938_2E.jpg
▲左:現役時代の車内(1985.3)/右:現在の車内。左側はショーケースになっていて、自社製品や丸窓に関する各種資料を展示。正面のモニタでは各種ビデオを上映。私たちが訪れたときには、中塩田からの搬出作業時の壮絶?な映像を見せていただきました。

FI1534938_3E.jpg
▲保存車の床下機器の様子。まるで今すぐにも動き出しそうな仕上がりです。
長野計器の5253は、その設置方法ゆえに、わざわざ屈み込んだり地面に腹ばいになったりしなくても床下をこのように撮影・観察可能なことも特色。モデラーには嬉しい余禄です。

※写真はすべてクリックで拡大/特記以外2005.6.19撮影
  1. 2005/06/27(月) 04:30:27|
  2. 外出(鉄)

更新遅々として進まず(~~;) 【旧Doblogエントリ】

日曜日にたっぷり楽しんだバチが当たったか(?)今週はお仕事がバタバタで死んでます(泣)
百間町レポートのページはこちらに地道に準備中…なのですが、じつは今週末も遠征(ただし家族サーヰ"スにつき鉄分希薄)が控えてたりするため相応に時間かかりそうです。すびばせん。

ハナシは逸れますが画像は数日前に仕入れたブツ(ワールドのセキ1)。リブが1段エッチングじゃ浅いんだよなウ~ム…

FI1523085_0E.jpg

----------

COMMENT:
AUTHOR: 司食鳥弟
DATE: 06/24/2005 13:57:44
ワールドキットにご不満のご様子・・・
そろそろ長者丸作業部プロデュースのN炭鉱物ガレージキットでも出してみては如何?
エンスーの方々は涙を出して喜ぶかと。

そういえば「ワーゲンミニ」はどうなったんだろう??
-----

COMMENT:
AUTHOR: cjm
DATE: 06/27/2005 05:11:52
あのー、漏れ図面引けないしおかねもないのでムリだす(^^;
-----

COMMENT:
AUTHOR: 司食鳥弟
DATE: 06/28/2005 11:01:48
図面は他人に書かせて監修(「たにんのかいたずめんをみてあーでもないこーでもないとけちをつける」と読む)だけすれば良いかと。
でもって、出来あがった図面を何処かのメーカーに押し付け、「長者丸作業部」ブランドの使用料と監修料として売り上げの3%を請求すれば(以下略)
・・・まぁそう都合良くは行かないでしょうが。
-----

COMMENT:
AUTHOR: cjm
DATE: 07/01/2005 06:19:01
>あーでもないこーでもないとけちをつける
まあ、左様なこともままならぬ小心者のワタシなのでありまして(単にマンドクセなだけ、とも)
-----
  1. 2005/06/24(金) 06:25:53|
  2. その他

行ってきました!百間町 【旧Doblogエントリ】

FI1511127_0E.jpg

というわけで、頸城鉄道の保存車公開@百間町に行ってきました。
都内から友人某の操る静粛で快適で冷房もヨク効く4年オチのバイエルン製小型4扉車(最初自分のクルマで行くつもりでいたら“非冷房車はヤダ!”と苦情が出た結果)に揺られること約4時間。イザ現地に着いてみると、会場は鉄ちゃん(知り合いも多数…^^;)と家族連れで大賑わいでした。たまたま話をした地元の方も「鉄道のファンのみなさんは、ホントに遠くからよくいらっしゃいますね~!」と驚きを隠せない様子で…

イベント内容をかいつまみますと、車輛関係はコッペル2号機、ホジ3、DC92がクラの外に延ばしたレール上にて屋外展示、クラの中にハ6、ワ14、ワ7(ニセスチール)、トの下回り+ニフ1の屋根、新黒井のターンテーブル、あと会場の外れにニフ1ともう1台のトの台枠と神戸帰りのターンテーブル(もと百間町のか?)が放置。
他には、ライブスティームの運転、クラの内壁に現役当時の写真などを展示、テントの出店で社史や記念キップ等グッズ・地元特産品・飲食物を販売、受付テントでは保存活動の母体である『くびきのお宝のこす会』の賛助会員募集も…といった按配でした。
私たちが現地に着いたのは10時過ぎでしたが、9時の公開スタート時から居た仲間によれば、開会セレモニーの際には、その場にいた関係者・来場者総出で朝顔に括りつけたロープを牽いてクラから車輛を引っ張り出したそうです。粋な計らいですね(^^)。
FI1511127_1E.jpg

直江津の頸城本社展示時代を実見しているコッペルの2号機はさておき、他は例の六甲山中帰りのメンツですからいずれも個人的には初対面。しかも、まだ持って帰ってきただけの状態で、廃止当時いらい30余年の封印が解かれたばかりの姿である…という辺りがやはり今回の千両です。しばしの間、写真を撮りつつ、直に触れたり車内に上がりこんだりして、往時の余韻を心ゆくまで楽しみました。とくにホジ3は車体の塗装の劣化がもっとも少なく、見る角度によっては現役時代だと偽ってもいいくらいで(母屋の表紙をご覧あれ^^)、本当に涙モノでした。
この車輛たち、今後は徐々にレストアも始められることでしょうし、勿論それには惜しみない声援を送りたいところです。
もう少し詳しいレポートはそのうち母屋の方で、と考えておりますのでご期待を…

じつは百間町を辞したあと、旧浦川原駅をひやかしたのち、さらに寄り道して帰路についたのですが、その寄り道先でも私はホジ3に続いて涙ちょちょ切れ状態に陥ったのでした。それが何なのかはまた追って…(^^)

--------------------

COMMENT:
AUTHOR: U太
DATE: 06/21/2005 13:23:32
しっかりとした現役時代の車庫で全車屋内保管!
雨風のみならず紫外線や盗難に対しても備え十分な
最高の保存条件です!!

ここまで来れば、後は1台ずつじっくりレストアして行けば良く
ゆくゆくは腐食激しく解体されてしまったニフも作り直せるでしょう。

いやー良かった良かった。久し振りのグッドニュースでした!!
----------

COMMENT:
AUTHOR: cjm
DATE: 06/24/2005 03:46:22
車輛の布陣もさることながら、クラもオリジナルかつ密閉式というのは本当に素晴らしい環境だと思います。
しかしニフが台枠まで木製だったというのは恥ずかしながら今回現物見て初めて知りました(^^;)
----------

COMMENT:
AUTHOR: シバッチ
EMAIL: shibata@r01.itscom.net
DATE: 07/12/2005 22:07:26
本日、ロケで北越急行に乗って犀潟まで行って先ほど帰京しました。途中「くびき」駅を
通りましたが、この「百間町」にほど近いのでしょうか?
----------

COMMENT:
AUTHOR: cjm
URL: http://www.mapion.co.jp/c/f?uc=1&grp=MapionBB&nl=37/10/53.937&el=138/19/56.650&scl=70000&size=1082,864
DATE: 07/16/2005 13:45:49
リンク貼った地図の中心辺りが現地です。
犀潟からもくびきからもあまり変わんない感じですね。まあ、ほど近いといえども歩くには遠し…という距離です(^^;)
----------
  1. 2005/06/21(火) 03:55:04|
  2. 外出(鉄)

明日にそなえて… 【旧Doblogエントリ】

FI1502775_0E.jpg

今日は久々に街へ買い物に出た。
このところ金欠、しかも給料日一週間前なので、本当は家でジッとしていたかった(^^;)のだが、明日(というかもう今日だな)に備えてどうしても必要なものがあったのだ。
そう、明けて19日は六甲山中から里帰りした頸城の車輛がついに一般公開される、ということで仲間と百間町へ遠征予定なんである。せっかくの機会だから、久々に銀塩も回そう!と思い立ったものの、手許のフィルムのストックはとっくに期限切れで、おのずと買いなおさなイカンわけで…

夕方近くにダラダラとBXで我が家を出発、有楽町の電気ビルの地下P(週末は1時間までロハ)にクルマを突っ込み、ビックカメラの地下でPKRを2本仕入れる。思えば、銀塩機の出動は去年の2月に北勢線行って以来、カラーポジに到ってはおととしの水口以来だったりするので、露出のカン所を忘れていそうで怖い…(~~;)
そのあと他フロアを物欲をじっとガマンしつつひととおり巡回し、駐車料金発生前ギリギリでクルマを引き揚げて神保町へ。本当はイモン辺りにでも行って、ワールドの9200を仕入れたい(前から買うつもりではいたけれど、みのるさんのインプレを見ていよいよムラムラが…^^)ところだが、そいつは給料日までガマンの子。お目当ての新製品でとりあえず財布にやさしいヤツを押さえておこうってことで、レイルラウンジでKATOから出たばかりのNのトラ45000&ワラ1をお買い上げ。そのあとはぐるまやに寄って店主とひとしきりヨタ話ののち家路についたのだった。

それにしても今日買ったKATOの貨車、Nなのに軸箱可動(!)なのには恐れ入った。やり過ぎの感はなくもないけれど、何十輛も繋げてレイアウトを走らせるような場面では真価を発揮してくれそうである。トラにアオリ戸受けが付いてくれたのも嬉しい。だが一度こういうモノを手に入れてしまうと、同じクオリティで他形式が欲しくなってしまうのが悩ましいところ。もうちょい古めのトム50000辺りとかね…(^^;)

…なんて言ってるうちに、そろそろ出撃の時間っス。もちろん帰ってきたらご報告アップしますのでお楽しみに(^^)

----------------------------------

COMMENT:
AUTHOR: みのる
DATE: 06/20/2005

20:53:20
こんばんは(^^)。
遅ればせながらブログ開業おめでとうございます。

表紙の写真にドキドキしています。枯れ具合がトレビアン~。
まさに「9200は後でも買えるが、現役の香りを残すホジ3は今しか見られない」ですネ。ご報告を楽しみにしております。

-----------

COMMENT:
AUTHOR: cjm
DATE: 06/24/2005 03:37:04
火曜日はありがとうございました。
私はダイコンにドキドキ(^^) でもXセキにウ~ム…(~~;)
栃尾も後者のようですが…ファイトぉ!
  1. 2005/06/19(日) 04:10:31|
  2. 散財(模型)

ケーディー互換なアサガオ 【旧Doblogエントリ】

皆様こんばんは。初のマトモな更新ということで、模型の小ネタをば…

FI1495214_0E.jpg

上の写真をご覧下さい。左は拙作のモデルワーゲン(以下MWと略)の酒井5t、右はKMCでご一緒のU太さんのワールド工芸酒井5tNo.92改なのですが、注目してほしいのは朝顔カプラーです。私のはMWのキット付属の朝顔型ヘッド、いっぽう右のU太さんのはやけにくびれたカタチをしていますね。実はこれ、市販の朝顔型(エコー製)を削って、ケーディーとも連結を可能にしたものなのです。聞けばかの伊藤誠一さんのアイデアだとか!
私は根はケーディー派なものの、今メインで楽しんでいる木曽モノはここにも書いた事情ゆえにやむなく?朝顔主体です。しかし往生際悪く(w)乗工社のプラ運材に一部ケーディーを付けたりもしているので、いままで手持ちの機関車には片側だけペアーハンズ製のナックル(NP-014 密着自連ダミー。ダミーと称しつつも、実はケーディーやKATOカプラーとつなげられたりする)の根元を加工したものを必要に応じてつけたり外したりしていたのでした。
しかし、この改造朝顔を使えば、相手がどちらであっても涼しい顔で対応できる!

FI1495214_1E.jpg

そんなわけで、早速自分でもやってみました。ベースは手持ちのMW製のDL用朝顔型ヘッド(上写真左)。これの側面をガリガリ削ってクビレさせ、さらにバッファを曲げたり削ったりして曲率をキツくしたのが右のシロモノです。
しかし、単にその状態で酒井5tに装着しテストランをしてみたところ、ゆったり目のエンドレスでは問題なかったのですが、Bトレ用線路(R100)の連続Sカーブだと自然解放することが時々あったので、さらに上から見て右側にφ0.15の燐青銅線で復元バネを設けて完璧を期しました。

FI1495214_2E.jpg

上の写真がケーディーとの連結状態。朝顔の孔にはφ0.6のピンを挿して接着、対朝顔との連結はMW社の朝顔用リンク(仲間内では発案者の名を取って“どんぐりカプラー”と呼んでいます)に対応させています。

まあ、ほとんどの方には役に立たないであろう工作ですし(^^;)、ケーディー互換とは言ってもさすがに自動連結・解放はできません。しかし、木曽モノ以外のナローはほぼ自連化を達成してしまっている身には、カプラーヘッドを替えたり控車を用意したり…といった余計な手間ぬきにケーディー装着車とつなげて遊べるというのは、たいへん精神衛生上よろしい次第なのであります。


--------------------------------------------------

COMMENT:
AUTHOR: 元社員
DATE: 06/18/2005 12:47:02
かのエッチング板の例のごとく、模型の技術や性能の向上というのは
やる気があるマジメなファンによって育つものだということを改めて思いましたです。
-----

COMMENT:
AUTHOR: cjm
DATE: 06/24/2005 03:31:20
いや~、やる気があるのかどうかは不明ですが(^^;)
ところで、例のブツがそろそろ届きそうです。どないすんべ…
-----
  1. 2005/06/17(金) 03:34:26|
  2. 工作(模型)

こっそり ひっそり めだたずに 【旧Doblogエントリ】

自前のサイトは前から持っていて、中には“日誌”と称するページもあったのですが、気分転換にブログ化を図ってみることに致しました。
この先どういうネタが出てくるかは、母屋の内容の傾向からご判断いただければ幸いです。皆様どうぞよしなに<(_ _)>。

FI1479122_0E.jpg

-----------------------------------------------
COMMENT:
AUTHOR: 司食鳥弟
DATE: 06/13/2005 08:23:21
1ゲットズサー
・・・じゃなくてブログ化おめでとうございます。
-----

COMMENT:
AUTHOR: cjm
DATE: 06/13/2005 23:40:22
では自分で2ゲトー(w
これまたさっそくご来訪おそれいります。
最近何か作られてますか?こちらは運材台車にウンザリしてます(^^;
-----

COMMENT:
AUTHOR: taknom
EMAIL: taknom@modelrr.net
URL: http://modelrr.net/
DATE: 06/14/2005 22:16:31
ブログ始められたんですね。RSSを登録して、楽しみに読ませてもらいます。

-----

COMMENT:
AUTHOR: どてかぼちゃ
URL: http://homepage3.nifty.com/YKR/index.htm
DATE: 06/15/2005 03:31:39
長者丸様
ご無沙汰しております。
ブログ開設おめでとうございます。
ホームページ共々今後の更新を楽しみにしております。
-----

COMMENT:
AUTHOR: チャールズ インガルス
EMAIL: hjtqk734@ybb.ne.jp
URL: http://blog.goo.ne.jp/yokogogo/
DATE: 06/15/2005 18:11:20
開業おめでとうございます!
「毎日寄らせてもらうぜ」
母屋の傾向、ツボです。
-----

COMMENT:
AUTHOR: cjm(長者丸)
URL: http://www.chojamaru.com
DATE: 06/15/2005 22:56:36
taknomさん、どてかぼちゃさん、チャールズインガルスさん、ご訪問ありがとうございます。
って、のっけからぜんぜん更新できてなくてすみません。お仕事ばたばた中なもので…(T_T)(もちろんまだ会社です)
しばしお待ちを…
-----
  1. 2005/06/12(日) 23:38:21|
  2. その他

プロフィール

cjm

Author:cjm
「一見複雑そうなバルブ類はロストパーツからそれらしく」とか適当なことを言いながらそれらしく作れる人がうらやましい。

メインサイトは(一応)ここ。ブログ主に直接ご用の向きはこちらへ。
ちなみにコメは承認制。

■管理者ページ

Twitter on FC2

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

外出(鉄) (28)
昔の写真 (4)
工作(模型) (25)
散財(模型) (9)
外出(模型) (10)
工作局作品帖 (2)
工作局仕掛品長期在庫 (1)
散財(その他) (2)
母屋更新 (5)
アリバイ報告 (12)
クルマ (2)
PC (2)
その他 (38)
お知らせ (10)
旧Doblogエントリについて (1)

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。