作業部日誌V3

        

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

いまさら2015年のアリバイ報告

本当は松が明けたあとの三連休辺りでアップするつもりでいたものの、その三連休突入と同時に仕事が大炎上しより気がついたらもう2月だった、という次第で。
とはいえ、ここで放置したら年イチ更新すらおぼつかぬのは自明の理なので、上げるだけ上げときますよっと。



■模型
まずはたった3件ながら、完成した模型どもを。

●DACHS“2014”サドル

a8_trim_IMG_6906_dachs_150221re.jpg

直前のエントリのネタではあるが、いちおうこれが1件目。
まずは珊瑚HOナロー史の素組見本として仕上げ、撮影後に自前パーツ使用作例に転用し二段階のオツトメを果たす。
目的が目的なのでハナから塗装するつもりは無し。ていうか、ブラス生地完はいいぞ


●青いトーマ酒井5t

toma-skw_blue6_IMG_9594_150615.jpg

佇まいの佳さとすぐれた動力に釣られて買っておいた、トーマさんの3Dプリント全開酒井5t。その素材ゆえに軽さが弱点であり、勾配のあるレイアウトでまともにトレーラーを牽かせるのが不向きなのはわかりきっていたが、追ってお目見えした至極軽量な3D髭運材とか髭客車とかと組み合せれば牽引力不足も多少は帳消しにできそうダと思い至り、DCCデコーダ組込&塗装仕上げに手をつけた。
デコーダはDZ125のシュリンクをギリギリまで剥ぎ、かつキャブ直下の台枠内側を削り込むことで搭載に成功。車体はサフ吹き&積層痕消しの繰り返しにひたすら消耗した挙句、ガイアカラーのボトムズブルーを吹いた。車輛を塗るためにスプレーワークが咽び泣いたのが1年9ヶ月ぶりという辺り情けなさにもホドがあるが。
青い車体+黄色のアクセントは、西さんのキャンブックスの表4に載っている金木営林署の協三5tに倣ってみたが、そもそも青く塗ったのは単に夏の有明催事お題に合わせただけに過ぎぬ、とも。
製作過程はこちらを↓ 
デコーダ搭載塗装直後(汚し前)


●KBMC尾小屋モジュール“郷谷川に沿って”

ogoya_goutanigawa_module_IMG_1138_151004.jpg

KBMCのつぎのテーマは尾小屋鉄道ということになり、ざっくり土台まで手をつけておきながら丸10年(!)放置していたモジュールをひとまずカタチにし、なんとかに間に合わせた。
渓流沿いの石垣の上をゆく軌道というモチーフは『ナローゲージ・モデリング』の阿部さんの尾小屋レポートの小さな写真を目にして以来思い入れがあり、高校生の時分に手がけたレイアウトにも取り入れたものの川の水は未完に終わっていたので、ある意味リベンジでもある。
ベースボードはKBMC第1次規格の618×210mm、地形はスタイロフォーム、レールはPECO-OO9のSL-404。石垣は軽量石粉粘土を塗布後地道にパイプ芸で。
川の水はタミヤの透明エポキシを用いて初挑戦。尾小屋鉄道に沿って流れる郷谷川(ごうたにがわ)は、今を去ること31年前に初めて廃線跡を見に行ったときは、下の写真のように河床や礫の色が微妙に赤茶けており、水廻りの着色はそのときの印象に基づいたが、ちょっとハデにやりすぎた感も。
a8_print_C84010nr30-05_840726_ogoya.jpg

草木の類は端的にいってウッドランド・シーニックス製品の見本市状態だが、正面右手の針葉樹はM賢氏が沼尻のモズール用に用意するも余った物を譲っていただき工期短縮に功績大であった。
川面の表現などまだ手を入れるところはあるが、それは次のお披露目までに。



■実物
いっぽう実物に関しては相変わらず出不精ぎみではあったがこんな感じ。↓
日付のリンクはTwilogへ。

3/213/22 猪苗代行
往路は浜通り経由ドン行の旅と洒落込む。車窓から役目を終えたばかりの小名浜の腕木を垣間見、磐越東線では列車の意外な俊足ぶりと乗り心地のよさに感心する。
目的地では残雪の中モズールの移転作業を。
a8_150321_ononiimati_IMG_7219.jpg

4/254/26 猪苗代行その2
沼尻のモズール移転開業初日。
ひさびさに観音寺川で満開の桜を愛でることができたのが嬉しかった。
15-04-25_0047.jpg

5/3 成田詣
ついでに東葉と千原線を完乗してみるなど。

5/17
ヤボ用のついでに淡路島にチョットだけ初上陸

5/23 またしても成田詣
引き続きの成田は、かような理由であった次第で-
trim_15-05-23_0183.jpg

6/28 尾小屋遺構めぐり
前泊の嫁実家より直行し、前日から現地入りしていたKBMC一行と合流という実質日帰り弾丸ツアー。尾小屋じたい18年ぶりだったが、北陸新幹線の速さの恩恵も実感。
詳細写真はこちらにも。
15-06-28_0245.jpg

10/1110/12
家族サーヰ゛スのついでで真岡のエア9600を見ることができた。石炭の香りや熱気とは無縁だが音はなかなか。


10/24
周囲数名のブーム?に釣られて5年ぶりに銀塩を回す。その辺でも辛うじて買える(というレベルにまで衰退した)フジのネガカラーではあるものの。
成果はこちらに。 



■散財
デジ一眼の新台として、型オチではあるが松下GX7を導入。
“小型軽量で邪魔臭いプリズムとミラーボックスも無くそれでいてレンズ交換と視差ゼロ撮影が可能”という個人的にはかなり理想に近いカメラ。ただし主目的はマクロレンズと組み合せての銀塩原版の複写…という辺りがにんともかんとも。

a6_trim_IMG_1955_gx7.jpg
   
スポンサーサイト
  1. 2016/02/11(木) 19:48:00|
  2. アリバイ報告
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2013年のアリバイ報告(外出編)

ナントカ年も明けたということで、皆様今年も宜しくお願い致します。
ブログ更新としては約7ヶ月ぶりですが、すっかり恒例と化した昨年一年分のアリバイ報告を。
(日付のリンクは当日のtwilogへ)。

1/14
都内大雪。この日に限らず、何度も雪に振り回された冬であった。
P1002813.jpg

3/23
黒石運転会開催。メンバー以外の方々にも声をおかけし、半公開運転とでもいった趣に。
くわしくは兄貴ブログへ。
re130323_042.jpg

4/204/21
猪苗代へモズール整備に。
2日目の日曜日が季節はずれの大雪に見舞われ、危うく帰り損ねるところだった…
130421_069.jpg

130421_011.jpg温泉旅館で足止め中の図

5/3
成田詣。今までのアシがなくなったこともあって現地へは電車(新スカイライナー)利用、さらに運転不要をいいことに存分に呑んだくれる。
130503_009.jpg

130503_080.jpg


7/67/7
嫁が康楽館へ歌舞伎(というか吉右衛門)を観に行くというのにかこつけてはるばる小坂へ。
小坂鉄道を訪れるのは廃線後初めて(十数年ぶり)。東北新幹線一等車乗車&延長区間完乗も。
20130706_018.jpg

2013-07-07_025.jpg

2013-07-06_028.jpg

8/158/168/178/18
JAM。
NGJブースで黒石組線路の自主的?デモをやっていたら御本尊の中の人に声をかけられる事案が発生。黒石病患者を推定5人くらい増やすのにも貢献(w)したと思われる。
あとは生サンビーム号とddx40氏のクリニックを見れたのが収穫。
2013-08-18_097.jpg

2013-08-16_039.jpg

2013-08-16_065.jpg

10/510/6
軽便讃歌4&軽便祭9。ことしも無事開催に感謝。
2013-10-06_153.jpg

10/14
KBMCが協力した藤枝市郷土博物館『け~べんノスタルジー展』を観に行くついでに、湘南軌道旧本社と熱海駅前のへっついも訪問。なにやら軽便づくしな鉄道記念日に。
2013-10-14_016.jpg

2013-10-14_104.jpg

13-10-14_108.jpg

11/10
沼尻鉄道100周年記念講演&緑の村モズール店仕舞い。
講演の様子はこちらの後半(23:37以降のpost)。
13-11-10_0088.jpg

12/8
某壇蜜部の打合せと称して久々に冬の成田詣。逆向き運転も新鮮。
20131208_0037.jpg

20131208_0154.jpg


■新台導入


6/1
それまで使っていたコンデジ(リコーGX200)を床に落としてしまい、使えはするもののズーミング時に異音が発するようになってしまったので、潮時と思い後継機のGXRを導入。もっとも後述の電話機買い替えの余波で出番は減少ぎみ。
trim130601_002.jpg

9/23
時流に抗えずというか、長年使ってきたキャリアで漸く導入されたからということで電話機をスマホ(iPhone)化。
人生初のフタの無い携帯電話機であるとか指先が不感症気味でタッチパネルが苦手などイロイロ不安要素は多かったものの、慣れてしまえばどうということもなく、ウェブ閲覧の爆速化&並のコンデジ持参が不要なほどの画質の内蔵カメラに助けられることしきり。おかげで最近撮る写真の半分以上はこっちになってしまった。
trim130923_009.jpg

■お別れ

●8/25 twilog:8/27
長谷川 章さんの訃報に接す。
小僧時代にお世話になっただけにショック。

●10/4 twilog:10/13
実家の駄犬ことユリ号身罷る。
犬としてはまあ大往生といってよい齢ではあったが、寂しいものです。
reDSCF0065_01-07-21.jpg


模型編はまた追って…
  1. 2014/01/03(金) 17:08:00|
  2. アリバイ報告
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2012年のアリバイ報告

まだ松の内だから!ということで、先ずは新年のご挨拶を。
皆様今年も宜しくお願い致します。

でまあ、ブログの放置プレイぶりも我ながら益々強固に板についてきてしまったこの頃なのではあるが、せめてこれくらいはやっておかんと締まりもなかろうということで昨年丸々一年分のアリバイ報告など(日付のリンクは当日のtwilogへ)。

1月21日
熱塩温泉一泊旅行初日。
往路はわざわざ浅草-田島直通の東武6050快速に乗り通し、いにしえの汽車旅気分を満喫。下今市では車内に居ながら駅弁売りのジイサンから弁当を買ったりも。
それにつけても6050の椅子は固定クロスの王様だと思う。
120121_009.jpg
▲浅草に入線する7:10田島行
120121_027.jpg
▲6050の旅はいいものだねい。

1月22日
熱塩温泉2日目。
雪に埋まりそうになりながら旧駅を撮り、若松で馬刺を喰い、帰りはわざわざ磐西のキハ47で新潟経由で帰京。新幹線も偶然200系だった。
120122_022.jpg
▲旧熱塩駅。遠くに見える保存車はキ287とオハフ61 2752。

120122_117.jpg
▲若松から延々新潟までコイツに揺られた。津山で長時間停車の図。

1月28日
某社務所でただ模型走らせながら呑んだくれるだけの会に初参加。
trim120128_019.jpg

2月5日
西国分寺へよくわけのわからない夢の対決を見にいく。
120205_059.jpg

2月11日
KBMC接合会。シモデンを中心に。
120211_010.jpg

3月17日
黒石接合会。ようやく自前の機関車(#347)がデビュー。
120317_074.jpg

4月8日
嫁実家帰りに久しぶりに秩父鉄道に乗ったら青い101系に当たる。そのあと多摩地区で謎の会合。
120408_057.jpg
▲羽生 2012.4.8

●4月21日22日
まだ雪の残る猪苗代へ。モズールの整備に明け暮れる。
(↓ただし写真は夜の宴の図w)
120421_049.jpg

5月5日
恒例成田詣。井笠客車の進捗に目を見張る。
120505_039.jpg

6月16日
KBMC接合会。新規格“ケートラ”の検討など。
120616_078.jpg

6月17日
カルタゴで珊瑚本2の撮影立会。久々にシェフのダックスモジュールと再会。
120617_007.jpg

6月23日
ポンコツが引退。前週の接合会が実質最終運用となった。

7月1日
方南町にブツを預けたのちJNMAに飲み会だけ(w)参加

●7月7日8日
猪苗代へ。主眼は珊瑚本2のロケで2日間みっちりモジュール撮影。
120707_034.jpg

120708_009.jpg

●7月21日22日
和歌山へ遠征。
建前としては『たま駅長に会いに行く』ということだったのだが、結果的に汐見橋・高師浜・空港・多奈川・加太とドサ回って南海全線完乗を、そして御坊臨港再訪も果たす。
20120721_025.jpg
▲西天下茶屋 2012.7.21
20120722_079.jpg
▲伊太祁曽 2012.7.22
20120722_120.jpg
▲西御坊 2012.7.22

●7月28日29日
7/29開催の『滝越りんてつまつり』参戦。前日には9年ぶりに赤沢へも足を延ばした。
20120728_023.jpg
▲赤沢にて。BLWの引き出しはもう1輛増備された北重5tの役目に。2012.7.28
20120729_011.jpg
▲平沢商店でのモジュール運転会テープカット。2012.7.29
20120729_126.jpg
▲水交園では酒井5t No.119のエンジン始動デモも。2012.7.29

●8月16日17日18日19日
JAM出展。(ただし16日は設営、17日は仕事で不参加)
NGJブース周辺ではナロー若者旋風が吹き荒れる。
20120818_027.jpg
▲すっかり綺麗になって帰ってきた鉄聯E型コッペル。練馬に戻ったら壁際になってしまうコチラ側は無論しっかり拝んでおいた。2012.8.18

8月29日
強制有休を利用して都電撮ったり写真展ハシゴしたり。

9月8日
KBMC例会。祭前の追い込み。
120908_013.jpg

●10月7日8日
軽便讃歌3そして軽便祭8。満員御礼であります。

10月20日
珊瑚本2届く。色々と感無量。
a4_re121020_006.jpg

●10月27日28日
草津温泉へ。鉄分は草軽の碑を見たくらい。

●11月3日4日
本年最終猪苗代詣。翌年への布石もぼちぼちと。
trim121104_028.jpg

11月16日
黒石接合会。ツナミを仕込んだK-27のテストランはコンデンサ積み忘れで惨憺たる結果に。
121117_035.jpg

11月24日
牧場さんと一緒に念願の那珂川に行きテンションが上がる。

12月22日
大宮で模型仲間と忘年会。ことしも乙かれさまでした~


おでかけ関連はざっと以上で、以下は模型の実績。
といっても、前年に引き続き、純粋な意味で“個人的”な完成物件は皆無に等しい。
今年はそこいらを何とかしたいものですが。

●WMC (Westside Model Company)-コダマ D&RGW C-16(#278)
cb_278_12-03-17_014-018.jpg
某兄貴から参考でお借りしていたブラス生地完品だが、BlackstoneのC-19(#347)を譲っていただいた引き換えに一通り塗装をしてお返しした(お金がなかったのれすorz)。というわけで今は某兄貴の大増殖中HOn3車輛群のワンオブゼムに。
なお、モーターはオープンフレームの縦型(DV-130?)だったのを、動輪とアイドラーのギアをだるまやM0.25で打ち直したのち仮搭載ということでアル1015にスゲ替えてある。

●Blackstone Models C-19(D&RGW #347)
kt_trim_c19-347_R0067840.jpg
で、バーターで当方にやって来たC-19も併せてライトを交換したり汚したりしてみるなど。


●珊瑚 ダックス(I)テンダー
●    〃     サイドタンク
trim_a10_dachs_P1060347.jpg
珊瑚本2の撮影用として、可能な限りオリジナル部品を利用し生地仕上げしたもの。
テンダー機はメリケンから里帰りさせたミントのAキットを組立。サイドタンク機は某氏の手許にあった加工・塗装済の物をレストア。
現物は今のところ珊瑚店頭に展示中であります。

●ナローガレージ 沼尻ボハフ11
trim12-11-03_015.jpg
緑の村のモジュール常備用に慣れないレジンキットを組んだ。いわゆる“運転会スペシャル”なので、手スリ類は一切省略、カプラー(ケーディ)もトリップピンを切断してある。
当然ながら現物はいま猪苗代に在り。


それでは皆様、コチラではまた来年…?(ぉぃ
(普段の活動というか生存状況はtwitterをご覧下さいませ)
  
  1. 2013/01/07(月) 00:04:10|
  2. アリバイ報告
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2011年後半アリバイ報告

年が明けまして2012年。みなさま今年もよろしくお願い申し上げます。

で、いまさら去年の話の残りを書くのも心苦しいのですが書いとかないと忘れちまうから、ということでお許しを。
(例によって日付のリンクは当該日のtwilogへ)


9月
事前接続会とかトリセツとか祭の準備各種に追われる。
a5_11-10-01_001.jpg


10月2日
軽便祭7開催。おかげさまで今回も盛会のうちに。
111002_074.jpg


10月中旬
BXのフューエルタンクにアナがあき(厳密には10年くらい前に塞いだアナが再発)入院。
そしてずっとお世話になってきた修理屋さん(マリナーオートサービス)が年内で廃業と聞かされ愕然。
a5_trim_R0060011.jpg


10月29日
鉄模連会場にて黒石病に感染する。
1諭吉でツリのくるジャンクとはいえ、その後周辺投資で何倍もの金が飛んでってるわけだが、五体満足な完成品を買ったところでたぶん結果は一緒なので多少は安く済んでるはずだぜ、と思うことにしておく。
当座、大規模な地面は兄貴ほかに任せて(w)、Dachs Storyのアレを再現したいものだと。
trim11-11-06_004.jpg


11月3日
7月に続き、モジュールのメンテのためにふたたび猪苗代へ。
夏以降、軽便のモジュールのおかげで『緑の村』の展示館のお客さんがずいぶんと増えた、と聞かされ恐縮。
外は生憎の雨+日帰り強行のため他を観てまわる余裕はなかったが、土産(主に酒w)の大人買いは励行してから帰路に。
111103_026.jpg


11月5日
猪苗代から帰ってきたらBXのガソリン漏れが再発し再入院orz
しかしタンク本体ではなくリターンホースの劣化が原因だったので即日退院。
何やかやでマリナーにお世話になるのもこれが最後か、と思うと一抹の寂しさは禁じ得ず。
111105_025.jpg

111105_036.jpg


11月27日
某所にて黒石病患者の会開かれる。
例のC-16にイモンのコアレス(UNOモーター)積んで拷問したら黒石貨車30輛牽いた。UNOモーターすごいわ。
11-11-26_039.jpg


12月11日
つい出来ゴコロで皆既月食の写真なんぞを撮り、改めてデジカメの恩恵を実感する。
しかし冷え込み厳しき中で何度も外に出入りしていたせいで月におしおきされる(風邪をひく)。
trim_a6_P1050757.jpg


12月23日
例により大宮で年忘れ。散財の方は下津井動力化キットや基隆トロなど。


12月30日
ダメ押しで最終年忘れ。一同シェフのやる気に感嘆。
11-12-30_006.jpg


●そして年が明けた途端に風邪をこじらせ3ヶ日をムダにする。(←イマココ)


…余裕があったら近日中に(模型の)前年実績も上げたいものですがはてさて。
  
  1. 2012/01/04(水) 22:35:22|
  2. アリバイ報告
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

2011年前半アリバイ報告(その2)

続けて、6月から8月にかけて。
7月以降は前半じゃないじゃんというツッコミは勘弁な。

6月11日12日
遠山郷へ。個人的には4年半ぶり。
初日は旧木沢小学校にて『遠山森林鉄道を語る会』。ささやかながらKMCのモジュールも展示。そして酒!w

110611_129.jpg

a4_110611_136.jpg

一行にとってある意味ホンチャンだったのは2日目の林鉄廃線跡訪問で、お目当ては『便ヶ島(たよりがしま)の七回り』と呼ばれた連続Sカーブのあった場所。木沢からさらに車で激走一時間余という山奥。

遠山本_p50_便が島trim_a8
当時の地図↑(写真集『遠山』より転載)。トリプルオメガ+ヘアピンで一気に高度60mを稼ぐというとんでもない代物。この地図を見、さらに実際に歩いてみるといかに凄まじい線形であるか判るのだが、写真で説明するのはムズカシイ。
現在、地図の中央辺り(かつては停車場があった)が山小屋『聖光小屋』とその駐車場になっており、そこで厳重にヒル対策をしてからアタックした。

re110612_138.jpg
▲最上段から一段下の軌道跡を見やる

110612_092.jpg
▲最上段のヘアピンカーブの袂に残る木橋。

こんなところを、単台車の乗り下げならともかく、よくもまあディスコネクティング・タイプの台車の編成で降りたもんだと感嘆。しかし、辺りが木々に覆われているため、助六東川のオメガや立山砂防の樺平のような視覚的インパクトに欠けるのは事実である。一行の隊長?であるSさんが、ゼヒ立体地図ないしは模型のレイアウトで再現したい!と意欲を燃やしておられる理由をあらためて理解。


●6月某日
巻尺大会を敢行。成果は10月2日に実る…予定…
110619_032.jpg


6月25日
KBMC接続会。
富R541ポイントが短軸距2軸動力車にはクソ役立たずであるとか富3分岐ポイントでウカツに短軸距2軸動力車を通すとショートするとかを改めて認識させられるなど。
まあだからこそシモデンは「Nゲージ量産品のボギー動力使用」というお約束を課してるわけですがね。

110625_072.jpg
▲近所のお子達相手の見世物と化すのもまたいつものことである。


7月3日
JNMA。例によって呑んだくれただけで終わる。


7月16日17日
猪苗代『緑の村』へ。同所“展示館”へのKBMC沼尻モズール移転設置ならびに『沼尻軽便夏祭り』参加のため。震災後初めての東北入りでもあり。
しかし夏場も基本爽やかな高原地帯であるはずの磐梯山麓が、我々の行った2日間が思わぬ酷暑。モズール常設の部屋にクーラーが無いため始終汗だくでの設営に(^^;)
今後は現地の方々に展示運転をしてもらえるよう、配線はアナログ対応とし、耐久性に富むNの下回りの車輛を用意した。
モジュールの公開は、原則土・日・祝との由(ただし冬季は施設全体が休館)。

110716_019.jpg
▲モジュールの新たな常設場所は、DC12+ボサハ2輛も保存されている『緑の村』の展示館内。はからずも御本尊と同居する運びに。2011.7.16

20110717_012.jpg
▲2日目、ようやく周回運転が出来るようになり賑わう会場。やってくるお客さんには浜通りの被災地から逃れてきた方々も多いとの由。軽便の模型が避難生活のささやかな慰みになってくれれば… 2011.7.17

trim_re_110716_038.jpg
▲常設運転のために嫁入りした車輛たち。牧場さん作のキハ2401タイプと、拙作DC12やガソなど。

110717_027.jpg
▲展示館のメイン展示室にも沼尻鉄道の実物資料各種が常設となっている。こちらは施設営業日は毎日観覧可能。

110721_001.jpg
▲帰りにミヤゲに『稲川』を買って帰ろうと猪苗代町内のスーパーに寄ったら、見慣れぬ酒があり併せて購入。
『磐城壽』。帰宅後知ったその来歴に思わず胸熱になったが、それをさておいても、常温でしっかり旨い酒だった。また呑みたいなあ…


7月24日
JAMの準備と称して、大宮のニュートラム終点近くの施設で集会。

110724_050.jpg
▲小林隆則さん作のOnセクション。なので車輛も当然中西工房の1/45。

110724_014.jpg
▲久々に乗ったニュートラムの軽便っぷりに感心。


8月20日21日
JAM。いや設営が18日で会期は20~21日なんだけど、おいらが行けたのはこの2日間だけなわけで。
くわしくはポン引き氏のレポート見てもらった方が早いす(無責任な)

110820_069.jpg
▲NGJブースに飛び入りで天Qさんの“カステラ箱”が!個人的には15年ぶりの邂逅。

(つづく/次はたぶん模型編)
 
  1. 2011/09/06(火) 04:31:33|
  2. アリバイ報告
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

2011年前半アリバイ報告(その1)

かの3.11のせいにするのもナンではあるのだが、このままでは昨年の8ヶ月間無更新記録を更新しかねないのでorz、ことし2月以降の出来事をダイジェストでお送りしてみようかと。
なお、日付のリンクを踏むと当該日の実況を記したツイログに飛びます。


2月5日6日前編6日後編
湯西川温泉+日光へ行く。
鉄的特記事項は神橋(の日光軌道廃線跡)を30ン年ぶりに見たことと生まれて初めてスペーシアに乗ったことか。

110205_060.jpg
▲湯西川の夜は寒かった 2011.2.5


2月11日12日13日
瀬戸内大遠征を敢行。旅程は東京→大久野島→呉→竹原→大崎上島→竹原→笠岡+新山→東京。
ウサギ島はすごかった。鎮守府の街は大和ミュージアムの賑わいと駅裏に立派な模型屋があることに感心。
そして新山の井笠記念館初訪問を果たしコッペルやホハと感動の対面を果たすも、ここは果たして老館長なきあとどうなってしまうのか一抹の不安をおぼえるなど。

110213_102.jpg
▲笠岡駅近くのお好み焼屋店内にて。自分ちの客車を見に行くツアーだなんて井笠観光気が利いてるじゃなイカ。2011.2.13


2月19日
JAMの総会イベントへ。炭鉱鉄道ネタと桟敷兄弟の講演を堪能す。

re110219_007.jpg
▲大野さんの川越鐵道に拙作乱入の図。一生の記念であります。


2月26日27日
福知山・丹後の旅へ。土曜の晩は牧場さん・小倉工場さん・okuさんとカニを食い散らかす。
2日目に行った加悦SL広場の東レのポーターがすばらしかった。初日にもすばらしいものを見たのだが今はまだ(ry

110227_076.jpg
▲東レ103。サブロクだけど軽便なみといってよいクラス。2011.2.27


3月11日
震災。その後しばらく趣味どころではないのだった。


4月29日
模型市。おかねがないのでロクに買い物もせず帰りにただ呑んだくれただけ。


5月1日
湊線へ行く。車庫のイベントを覗いたり漁港で鮮魚を食したりしつつも震災の爪痕を実感。
後日復旧を遂げたのは心強いかぎり。

20110501_036.jpg
▲このときレール踏面は黄色く錆び、画面右手はまだ線路が寸断されていた。那珂湊-殿山 2011.5.1


5月3日
こんな時こそせめて景気づけを、といつものメンツで成田詣を。

trim110503_006.jpg
▲楠木・87/87vs1/87

bw_trim20110503_265.jpg
▲おやおや 一升瓶を枕に気持ちよさそうですね 晝下りの長閑なプラットフォーム

20110503_164.jpg
▲午後に入ってからはしばしば雨に見舞われた。

帰り際に豪雨に見舞われ足止めを食い、結果久々に伝統芸能を堪能する機会を得るも、駐めておいたポンコツの助手席窓が半開きだったもんで車内が水浸しになり翌日は虫干しで一日をムダにする。世の中ウマくできているなあ(棒
P1001528.jpg


(つづく)
  1. 2011/09/05(月) 23:35:18|
  2. アリバイ報告
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

準備中

JAM帰りに車がぶっ壊れるわ仕事は八方塞がりだわで
ツイてねえ!ツイてるわけがねえからもちろんノッてるわけもねえ!
しかもなにげに今年は厄年だったりもするおいらではありますが、

祭 ま で あ と 一 ヶ 月 で す よ 奥 さ ん。

そんなわけで、色々地道に準備中でござる。

trim_ass800_R0043869.jpg

10/4の前後はうまい酒が呑めますように…(-人-)
  1. 2009/09/06(日) 05:42:46|
  2. アリバイ報告
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

いちおう生きてます報告

遅くなりましたが。
栂森さん、ジオ復旧&機芸社入賞おめでとうございます。
平尾社長、ナガウラさん、豪雨お見舞い申し上げます。

そして皆様ご無沙汰しております。マイコーよりアベフトシが死んじまったことのほうが悲しい最近の俺なわけですがいかがお過ごしでしょうか。
例によってこの時期は盆前デスマーチで何もできんモードなので、新刊リコメンドでもしてみるでござるの巻。

re090729_001.jpg

■DCCで楽しむ鉄道模型(左)
前にちょこっと触れた天QさんのDCC本きましたよ。
特筆される点は、コマンドステーションの操作方法がKATOのD101(DCS50K)を例に丁寧に解説されているのだが、これが本家(KATOホビセン)の別売日本語版トリセツより遥かに解りやすく、D101ユーザーはマニュアル代わりに一冊買ってソンはない、と断言できるほど。
車輛へのデコーダ搭載方法も、プラ製量産完成品のみならず、16番のブラスものやナロー(W工芸草軽デキ)の事例もしっかり盛り込んであるのが嬉しい。
いずれにしても、全編通して画像による図解が豊富な構成で、“電気田舎者”の自覚のある人には先ずこれを入門書としてお勧めしたい。
まあ、慣れてきたら機芸社版にも手を出してみるといいと思います(とフォロー)。

■かんたん!30日でつくる Nゲージ鉄道模型ミニレイアウト(右)
こちらはモロ巨匠の新刊。
今までモロさんが関わってきたハウツー本における作例が、おおむね日本型マターのいかにも“作例でござい”なレイアウトだったのに対し、この本はモロさん節全開の“作品”が主題であり、且つその製作過程を一から十まで追った内容であるところが千両。
十八番である塗装や汚しの技法もガッツリ全4色で工程写真が載っていて、モロさんのテクを盗めそうな錯覚に酔えるのもイイ。
いや盗めるかどうかは読者本人の努力と才能しだいなので世の中そんなに甘かねえわけだが、勝手にそういう気分になるのもたまにはアリです。たまには。

じゃあ手を動かせやと石が飛んできそうなので今宵はこれにて御免<(_ _)>
  1. 2009/07/29(水) 03:13:05|
  2. アリバイ報告
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

これだから春はキライなんだってば

もう2週間ぐらい模型触ってねえorz

というくらいにアレな今日この頃ですが辛うじて生きてはおります。ただ生きてるだけともいうが。
ついでにどさくさ業務連絡。

>沼プロ各位
次回作戦、兄○が“運ぶ”気満々な模様ですので乞ご期待。

>K泉さん
原稿はなんとかします。

>arlもといall
亀4話は写真はなんとかなったものの大天使が降りてこないので依然停滞中。すいません。




ではまたいづれ。
  1. 2009/03/19(木) 04:58:00|
  2. アリバイ報告
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【アリバイ報告】'08年5月後半編

皆様お久しぶりです。
もうなんか公私ともgdgdが止まらない。のでアリバイ報告みごと復活の運びとなりました。くやしいのう。

●カンザス帰り第2弾
もう先週(先々週か)の話になるが、成田行ったときのコダクロームがDwayne'sから帰ってきた。
投函したのが5/7で、帰着は5/20。きっちり2週間弱…アメ公にしてはやるじゃん!と思った。

re080520_001re.jpg

USPSの封筒を開けてみると、中にアテ紙つきでフィルムを丸め込み、抜け止めにガサツにマスキングテープを巻いた紫色の紙管が3つ。出すときフィルムには記番をしておいたのだが、それもちゃんと書いてくれている。他には各種オーダーフォームや封筒用のシールがごっそり入っていた。

combo080520_dwaynes_re.jpg

気になるお値段は、現像代が1本$9×3、送料が$13.95(1~6本の海外発送は一律この価格との由)、計$40.95。往路の送料(スモールパケットのAirで240円)を含めると、5,000円でオツリがくるレベルだから、これなら1本3,500円の国内店経由(つっても今月で終了なんだが)にくらべ、コスト的にもまだ納得がいく。上がりに関しても、とりあえず心配していたX線被害はないようでひと安心。
これでしばらくコダクロームを使い続ける覚悟はできた。
ただ、その前に撮りたいもんがねえ(あっても遠かったり休みが合わなかったりで行けねえ)という根本的な問題が…どうしたらいいのでしょうw

●gdgdの原因は…
まあ仕事も例によって例のごとくアレなわけだが、じつはGW後半から家庭内でプチ引越しを強いられている、というのも大きかったり。
もともと居室の一隅を囲って工作台+PC机としていたのだが、そのうち机上が仕掛品で溢れてにっちもさっちもいかなくなり、PC作業は食卓を不法占拠して、塗装と試運転は物置代わりの部屋の一隅に無理やり空間を作って…という感じにいつの間にか趣味の場が3ヶ所に分散されてしまって幾星霜。
そこいらへんがリアル嫁の不興を買い、ついに工作台移動命令が下ってしまったのだった。
具体的には、
・工作台(模型関連一切合切)を物置部屋へ移動
・物置部屋から書籍類を居室へ移動、かついらんものは捨てる
・居室の旧工作台をPC机とし、食卓PC禁止
という内容。
まあ自分としてもずっと不便を感じてはいたので作業拠点の集約は吝かではなかったのだが、やってみるとさあ大変。
まず捨てるモノの選別がひと仕事。工作台上の膨大な仕掛品をしかるべき箱に仕舞うのもひと仕事。そして工作台の後ろに並ぶ模型の詰まった押入れケース20台強と、物置部屋のカラーボックス10台分の書物(それも、閲覧頻度が低いがために物置行きになっていた本ばかり)の総入れ替えもひと仕事…てな具合。
平日は終電で帰ってきてちょろんとネットやって寝るだけ状態だから、新工作台が↓のごとくなんとか体をなすまでに一ヶ月近くかかってしまった。
とはいえ、旧工作台上はまだまだ模型が散らばっててPCを置く余地などないので、今のところ新工作台がPC机と化している状態。さらに、工作台上に設えた棚も、本来パーツ箱や仕掛品の入ったタッパーで占拠されるべきところが、読みかけの本とか鉄でない模型とかが並び始めててキケンな状態に…
本格的に模型モードに復帰するにはまだまだ時間がかかりそうな今日このごろorz

ass080601_000.jpg
  1. 2008/06/02(月) 00:06:44|
  2. アリバイ報告
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

【アリバイ報告】07年10~12月編 【旧Doblogエントリ】

例によって例のごとくご無沙汰で、しかも気のせいか年も明けてしまったようで申し訳ありませんです。
まあ、11月以降忙しくてメタメタだったのが例によって最大の理由ではありますが、気を取り直して最後のアリバイ報告をば…

FI2595557_1E.jpg

●10/21は根利の林鉄まつりへ。根利は1年ぶりの訪問でしたが、その間にBLW(北見局置戸署3号)のみならず協三10tも外装レストアが完了。保存会の皆さんのパワーに恐れ入るばかりでした。

●11/3・4はまたしても林鉄絡み、王滝村の林鉄フェスティバルに出撃。こちらについては、母屋の表紙&ようつべにうpした動画のとおり、ひたすら“運材復活”に酔いしれました。

●12/15。 インジェクションの故障で夏頃からずっと休車状態だったBXをようやく入院させました。ついでにエンジン廻りを色々診てもらったのでお金はかかりましたが orzXマスの日に無事退院。その後は正月のニョーボ実家帰省など長距離仕業にもつつがなく活躍しております。

●ちなみに、BXを修理に預けた日の帰りは、マリナーから電車(有楽町線)一本で行けるということもあり、久々に都電に乗ってきました。荒川車庫まで行ったら、旧営業所建物の跡地にPCC5501と旧車体の7504がキレイに保存されててびっくり。
また、都電といえば、本州の関東以北において釣掛駆動車に待たずに乗れる最後の路線でもあるわけですが、来年度から新車の増備が本格的に始まるとのことで、7000や7500の乗り味を楽めるのは今のうち、といえそうです。

ところで、暮れだからというわけでもありませんが、“別れ”話がいくつか。

FI2595557_2E.jpg

●コダクロームの国内現像がついに終了。
個 人的には、上述の都電相手にM6で回した1本が最後の杉並堀内処理となりました。今後は国内窓口経由の場合1本3,500円・納期2週間。1本回すのにも 今まで以上に覚悟が必要ですねえ…金額もさることながら、コダクロームを回すのに相応しい被写体がロクに残っていないというのも大きな問題だったり。ちな みに、手許には今夏消費期限のPKR7本・KR6本の在庫が残っております。どうしましょ(^^;)

●自宅近所の或る書店が、知らぬ間にひっそりと店をたたんでいました。
そ こは、いっけん何の変哲もない、間口2間の小さな街の本屋でしたが、この店の特色は、おそらく店主の趣味なのか、鉄道趣味書の品揃えが異様に良いことでした。何しろ、キネ旬の蒸気機関車・レールガイ・ナインtrainといったマイナー誌や、機芸社・エリエイの単行本に到るまで確実に入荷するという、ある種空前絶後の店だったのです。ガキの頃からそこに通いつめていたおかげで、私は立派な?鉄オタに育ってしまったといっても過言でありません。
それだけに、正直ショックでしたが、私も最近は鉄道書じたい食傷ぎみであまり買わなくなってしまったし、それ以外のジャンルはもっぱらアマゾンか職場近くの大書店頼りなのですから、どうこう言えた義理ではない。
とまれ、その店―金華堂書店目黒西口店に、積年の感謝もこめつつ黙祷するのみです。

●最後に。
このブログは、今回で実質的更新を終了いたします。

…ていうか、引っ越します。
そもそもは容量無制限につられてここを選んだものの、正直いって更新作業の使い勝手の悪さにいいかげん愛想がつきましたのでね。

移転先は現在準備中ですが、近々ここでお知らせできると思います。
移転したからといって、更新頻度が格段に上がるとも言い切れないのが心苦しいところではありますが、新ブログの方も何卒よろしくお願い致します。
  1. 2008/01/14(月) 02:21:00|
  2. アリバイ報告

アリバイですが… 【旧Doblogエントリ】

皆様ご無沙汰しております。結局3月はなんやかんやで一度も更新できず、で情けない限り(^^;)。かといって4月も同じザマになりそうなので、今のうちにアリバイ更新…

今日はニョーボと小湊へ行ってきました。5年ぶりの訪問でしたが、つくづく変わりませんねえここも(^^;)。天気は悪かったけど、ちょうど満開の桜を筆頭に沿線は花づくしでした。(↓P:月崎駅にて)

FI2446757_0E.jpg


一方、工作台の上は目下こんな調子…です↓(先週末の散財成果多少含む)。
ナガウラさ~ん、貨車(@右から2輛目)オスソ分けありがとうございました<(_ _)>

FI2446757_1E.jpg


-----
COMMENT:
AUTHOR: 司食鳥弟
DATE: 04/10/2006 22:41:56
画像から判断するに、散財したのは杉山DLとアルモデルなべとろですな。
なんかウチの机の上と共通性が高いような(笑)
グラントのOn2プリモスは持ってないですけど、杉山DLの隣にあるダンダスの有蓋車は高校生だか浪人生だかの時に買って組んだなぁ~。
-----
COMMENT:
AUTHOR: cjm
DATE: 04/11/2006 03:05:15
おひさです。え~と、他には自治会パーツを山と…
それにしても“プリモス”ときましたか~。FLHのブランド名はプリムスなのかプリマウスなのかそれとも…で表記に迷いますよね。っていうかこの手はジャガーかジャギュアかキャブレターかカーブレータかとキリがなくなるわけだが(w

ちなみにダンダスのワゴン、その後もっぺんバラして巾ツメ改造中であります(^^;
-----
COMMENT:
AUTHOR: 司食鳥弟
DATE: 04/12/2006 22:22:07
「プリムス」と書こうか「プリマス」と書こうか迷っていたら、間違って「プリモス」とか書いてしまいました。
クリクラかつ乙な方は指摘がキビシイですなぁ~(汗)

「ジャガー」か「ジャギュア」かですが、こういうのは正規輸入元や日本法人が指定している表記&呼び名(この場合は「ジャガー」)でよいかと。
しかし、「ジャギュア」とか「メルツェデス」と書く人はいても「フォルクスヴァーゲン」と書く人は皆無ですな。
あと作業部長のお好きなへへ印のクルマ、昔は「シトローエン」だったのが、いつの間にか「シトロエン」になってんですよね。
            
  1. 2006/04/02(日) 23:22:37|
  2. アリバイ報告

プロフィール

cjm

Author:cjm
「一見複雑そうなバルブ類はロストパーツからそれらしく」とか適当なことを言いながらそれらしく作れる人がうらやましい。

メインサイトは(一応)ここ。ブログ主に直接ご用の向きはこちらへ。
ちなみにコメは承認制。

■管理者ページ

Twitter on FC2

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

外出(鉄) (28)
昔の写真 (4)
工作(模型) (25)
散財(模型) (9)
外出(模型) (10)
工作局作品帖 (2)
工作局仕掛品長期在庫 (1)
散財(その他) (2)
母屋更新 (5)
アリバイ報告 (12)
クルマ (2)
PC (2)
その他 (38)
お知らせ (10)
旧Doblogエントリについて (1)

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。