作業部日誌V3

        

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

富山営林署常願寺森林鉄道千寿ヶ原土場にて(嘘

2003-08-11_091.jpg

ちょwwwこれいったいどこの土場っスか?

…と言いたくならなくもないある日の千寿ヶ原。2つ前のエントリからちょうど11年後の光景なんだが、見た瞬間、なんか昔ここに間借りして機関車持ってた富山営林署の亡霊か?!などとわけのわからない感想が浮かんだりした(尤も、営林署つっても治山事務所だから恐らく運材とはあまり関係なかったハズであるが)。

冗談はさておき、連なる台車群に積まれた磨き丸太モドキはなんなのかというと、その辺を歩いてた関係者のおっさん(水口建設の人)曰く、軌道沿線の連絡所をログハウス風に改築するための材料であるとの由。
観光客も来ねえのになんでそういうよけいなことをするかね、と内心マユ毛が軽く下がったが、よくよく考えてみれば、今はシーズン中ともなれば抽選で当たったカタギ衆を乗せた見学会列車が週イチペースで走ってるわけで、そういう“客”相手になにやら体裁を取り繕ってみたくなったのかもしれない。
ちなみにそのログハウスの完成例は、立山砂防事務所の公式ページに写真がある。数年の風雪を経たせいか意外と景色に馴染んではいるが…でもなんかちがうような気がするぞ。

2003-08-11_081.jpg
▲本格的?ディスコネクト・ログカーと化した建設省グリーンの台車。ステイクがただの角材なのが微笑ましい。

2003-08-11_087.jpg
▲短尺の材はおなじみの2軸ゴンドラにゴロゴロと。秋田風といえなくもない?

<写真すべて:国土交通省立山砂防事務所 千寿ヶ原 2003.8.11 QV-R40>
 
スポンサーサイト
  1. 2008/02/15(金) 01:58:25|
  2. 昔の写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

岩手開発@1988

iwateR88nr88-024_750.jpg
▲JRの構内の外れに申し訳程度に佇む岩手開発鉄道の盛駅。さらに奥には機関庫があり、実質唯一の旅客本務車・キハ202と青いDLが出を待っている。

はなからデザインってもんを放棄したかのようなチンチクリンな気動車と、ガツンガツンやってくる鉱石列車が名物だった岩手開発鉄道。
行ったのは、2つ前の鉄博のエントリで触れたように、鉄ヲタがオケラとかミジンコ扱いだった今を去ること20年前。恐ろしく行きにくいうえに旅客が一日数本しかないこんな辺境私鉄に行けるくらいおいらもヒマ人だったのだなあ、と。
とにかく訪問できたことに満足してしまって、あまり細かいことは覚えていないのだが、岩手石橋の、見かけは素っ気無さ過ぎるくせに積込音はドンガラガッシャ~ンと迫力満点だったホッパービンがいまでも妙に印象に残っている。

iwateR88nr89-007.jpg
▲岩手石橋に進入するDD5652牽引の下り空車編成。

iwateR88nr89-011.jpg
▲石灰石原石積込のホッパーが聳える終点・岩手石橋の構内。いちおう中央の白い建物が駅舎だが、乗降客などろくにいないがために駅舎らしさは微塵もなく、機能的にも信号所詰所そのものだった。画面奥がスイッチバックになっていて、▼のように本線は右手前に向かって盛方面へ延びている。iwateR88nr88-036.jpg

iwateR88nr89-003.jpg
▲岩手石橋駅舎の辺りから構内の末端を望む。

iwateR88nr89-022.jpg
iwateR88nr89-023.jpg
iwateR88nr89-026.jpg
▲▼路線半ばの交換駅・日頃市に、当駅止まりのキハ202の区間列車が到着。しかしキハは客を降ろしたあと、いったん側線に転線して退避する。貨物列車の交換をやり過ごすためだ。iwateR88nr89-027re.jpg

iwateR88nr89-029.jpg
▲貨物が行ったあと、ようやく駅本屋のある番線に転線して上り盛行きに。この列車に乗ってそのまま帰路についたのだった。
<写真すべて 岩手開発鉄道 1988.2.26 F-1 KL/KR>

  1. 2008/02/14(木) 02:48:48|
  2. 昔の写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

砂防のMC@1992

sabo_920818_mc3-10-101.jpg

古い画像を整理してて偶然目が吸い寄せられたのでうpしてみる。
このMC、撮影当時パリパリの新車然としていたせいもあるのかもしれないが、なかなかカッコイイ。小脇に抱えたマフラーもイカしてる。だれか乙で作りませんかw
しかしなにげに15年も前の写真。ここんちは新陳代謝がはげしいので、現車が今でも生きているかどうかは正直わからん。本線から常願寺川向きに櫛状に広がる車庫線も今は思い出である。

▲建設省立山砂防工事事務所  モーターカー(管理番号3-10-101) 千寿ヶ原 1992.8.18 F-1 50mm RVP
  1. 2008/02/13(水) 00:49:04|
  2. 昔の写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

玉電デハ81の屋根 【旧Doblogエントリ】

皆様すっかりご無沙汰ですみません。
仕事は盆明けのばたばたもひと段落しつつありますが、一方ではあと一ヶ月後に迫った軽便鉄道模型祭の準備に追われる今日このごろです。みなさま10/10は豊島区民センターへぜひ!(^^)

で、本題。ここ数日マスターkondouraが玉電ネタを投下中なので応戦(笑)します。
マスター!デハ81の屋根写ってる写真がありましたよ~(^^)

FI1819199_0E.jpg
▲東急世田谷線 若林 デハ81+82 1986.6(↑クリックで拡大)

…しかし、だ。よく考えてみたら、これって更新後だから雨トイとかもぜんぜん違うし、どこまで役に立つか不明じゃんよ、と気づくマヌケな私(^^;)

つうわけで、山下のNSE並びでも貼ってごまかすことにします(謎)
おやすみなさい…

FI1819199_1E.jpg
▲東急世田谷線 山下 デハ154と小田急3100系 1986.6

----------

COMMENT:
AUTHOR: シバッチ
EMAIL: shibata@r01.itscom.net
DATE: 09/09/2005 00:33:53
写真を拡大すると、K察3人衆がすごく気になりますね。
いまでも信号で停車しているとワクワクします。
-----

COMMENT:
AUTHOR: cjm
DATE: 09/09/2005 01:55:34
つうか、パトカーがR30だってのが今となっちゃ泣けるです。
なにげに左の車列先頭には当時ですら珍しかった710バイオレットもいたりして。

若林は今でもたまーに通るけど、ジマンじゃないが全300形化後は一回も乗ったことないですねえ、玉電。
-----

COMMENT:
AUTHOR: kondoura
EMAIL: kondo@k-do.com
DATE: 09/13/2005 11:35:46
おお!!更新後とはいえ、ダブルライト(キライ)化前なのでいけそうです!
まーったく、パンタまわりだけでも撮るのがフウツなのに・・・小坊にはダメでした・・・。
nseも良いですねー!今は箱根登山かロープウエーか小田急タクシーぐらいかな?
残っているの・・・・。
しかも豪徳寺ホームが邪魔だし・・・・・?、ん?もうそれすら過去なのかな?(最近行ってないので
複々線化工事でどうなったのだろうか・・・・)

大井川行きたいーーーー(バタバタぐるぐる・・・、ガキのわがままポーズ!)
-----

COMMENT:
AUTHOR: cjm
DATE: 09/14/2005 02:55:37
マスター、おつかれさまです!
パンタ廻りを撮るのは…あまりフツウでないと思います?!(さすが本物の鉄…)
今の山下はどっかのサイトで写真見たら、小田急には外環道みたいな防音壁ができちゃって、まるで違うナニかと化してますね(--;)

大井川合宿>祭の反省会でも新年会でも単なる宴会でもいいので、ぜひやりたいっス!
-----

COMMENT:
AUTHOR: 司食鳥弟
DATE: 09/15/2005 10:42:00
R30にはワタシも着目しましたよ。その前に止まっているのがセリカXXで、まるでカーコレ第2弾ですな。

ところで、最近のたまでんは車掌さんが女の子ですよ。
かの倉・・いや桑原茂一先生がご存命であれば、それをネタに「平成たまでん物語」でも書いてTMSに投稿していたのではないかと・・・
-----

COMMENT:
AUTHOR: cjm
DATE: 09/18/2005 06:51:23
>司食鳥弟さん
R30もセリカXX(セリカバツバツ、なんて呼んでたなあ^^;)もわしらが学生の頃はクサるほど走ってたクルマですが…この写真、もう19年前ですから!思わず遠い目。
かたや、女車掌や女運転士はすっかり当たり前になりつつある今日この頃だたーり。山手線にすら乗務しとるくらいだしねえ。
-----
  1. 2005/09/07(水) 03:38:33|
  2. 昔の写真

プロフィール

cjm

Author:cjm
「一見複雑そうなバルブ類はロストパーツからそれらしく」とか適当なことを言いながらそれらしく作れる人がうらやましい。

メインサイトは(一応)ここ。ブログ主に直接ご用の向きはこちらへ。
ちなみにコメは承認制。

■管理者ページ

Twitter on FC2

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

外出(鉄) (28)
昔の写真 (4)
工作(模型) (28)
散財(模型) (9)
外出(模型) (10)
工作局作品帖 (2)
工作局仕掛品長期在庫 (1)
散財(その他) (2)
母屋更新 (5)
アリバイ報告 (12)
クルマ (2)
PC (2)
その他 (38)
お知らせ (10)
旧Doblogエントリについて (1)

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。